あじさいの里(四国中央市新宮町)

c0034228_033382.jpg

県内のあじさいの名所である。
二年前にその存在を知ってから、毎年この季節に訪れている。
たどり着くまでの道のりは国道319号線という
国道ならぬ酷道のような道で険しい。
おまけに我輩と同様の考えでいる人も多いらしく、離合に苦労する。
しかし2万株のあじさいの花を見れば、そんな苦労もどこかに吹き飛んでしまう。
話をあじさいの話に戻して、
今年は3度目の訪問になるが、空梅雨による水不足で
全体的に色あせていて、ちょっと残念。
折りしもここを訪れていた時に雨が降り出し、山を上るにつれて
激しく降ってきたので今回はちょっと短時間の訪問になった。
この雨があじさいにとっても、
そして私達にとっても「恵みの雨」となることを祈りながら車を走らせた。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-06-27 00:11 | 風景 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/2145172
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from fujitakaのぼちぼ.. at 2007-06-24 23:35
タイトル : あじさいの里にて(その1)(四国中央市新宮町)
県内のあじさいの名所の一つ、 お隣四国中央市新宮町の「あじさいの里」に行ってきた。 地元団体によりボランティアで管理がなされ、 毎年この時期に約2万株の見事なあじさいを咲かせている。 ちなみにfujitaka_1、 4年前にその存在を知りこの時期に訪れている。 昨年は行けなかったので、2年ぶりの訪問になる。 ちなみに2年前に訪れた時の様子はこちら。 あじさいの里(四国中央市新宮町)(平成17年6月27日投稿) 国道319号線を三好市山城町方面へ。 狭道で離合にも一苦労だ。 ...... more


<< 水不足の影響~早明浦ダムにて~ 文才って? >>