加古川マラソン レポート(その4)

ラスト7kmの向かい風は、
今となっては「加古川名物」として
ランナーの間でもおなじみになっているほど。
最初に出た時は、強い向かい風が吹いており、
その存在を知らなかったものだから、
それこそかつての「太陽にほえろ」ではないが、

「何じゃこりゃ~~!」

と叫びたくなるほどだったことを覚えている。
そんな向かい風があることを知りながら、
参加するランナーが増えているのだから、それはそれでまた面白い。

さて、今日の風はどうだろう。
少し走ったところで向かい風を感じるが、心配していたほどではない。
最初出た時は、帽子が飛ばされそうになるくらいの風だったが、
それに比べれば至って普通の風である。

「よし、風もそんなにないし、

このままペースを維持して行くぞ。」


と心に誓いながら走り続ける。
1kmごとの表示はなかなか思うようには現れず、きつく感じることもあるも、

「最後まで走れればおのずと記録は出る!」

と自分を鼓舞しながら走る。
37km過ぎで給水所、あと5kmの看板発見、

何とかサブ4は達成出来そうだ。

でもサブ4は他の大会で何度か達成している、
「出来るだけ速いタイムを目指さないと。」と思い直し、

心の中でペースアップ。

39km過ぎで最後の給水所、
後半は給水所ごとにしばし止まり、何らかいただいている。
寒かったり汗をかいたりだが、やはり水分は結構出ていることを思い知らされた。
残りの距離とペースを計算しながらゴールの予想、
3時間55分くらいかと思い、周りのランナーを少しずつ抜きながら走る。
それでも正直今よりペースアップは難しい。
あと1kmの地点、ここからが意外に長い。
そろそろゲートが見えてきてもいいはずなのに、なかなか見えてこない。
毎度のことながら
ゲートが南に移動しているんじゃないかと思っていると、ようやく現れた。
ラストスパートまではいかないが、最後まで走り切りゴール!

最後までペースを維持して走り切れた。

ゴール後、ドリンクをいただき、完走証を受け取る。
3時間55分51秒、
コンディションが良かった割には何とかサブ4という感じではあるが、
それでも最後まで走りきれたのでとりあえずは良しとしなければいけない。
その後は、ぜんざいをいただき、防災センターで着替えを済ませ、
駅前にて加古川名物「かつめし」のはしごをした後、帰途についた。

次のフルマラソンまでは約2ヶ月、
パワーアップした走りが出来るよう頑張っていきたいと思う。

長文ご覧いただきありがとうございました。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2013-12-29 21:54 | マラソン | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/21314601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kenjisum at 2013-12-30 07:19
お疲れ様です。加古川出られたんですねぇ。ナイスラン!いつも風が強いんですがまずまずのコンディションだったみたいですね。次に繋がるレースが出来ましたね。
Commented by fujitaka_1 at 2014-01-03 22:39
kenjisumさん、書き込みありがとうございます。
コンディションは今までの中でベストでした。
何とかサブ4でしたが、次は3時間50分切りを目指していきます。
今年もよろしくお願いします。


<< 写真で振り返る加古川マラソン 加古川マラソン レポート(その3) >>