文才って?

よく「私には文才がないから」などという言葉を聞くのだが、
心の中では?と思っている。
本当にそうだろうか?
そもそも才能とはということになると
長丁場の議論になってしまうが、
少なくとも文章の上手下手なんてものは、
私はとにかく書いてみることでカバーできると考えている。
逃げてばかりでは始まらない。
今このブログもそんな気持ちで書いている。
偉そうな書き方になってしまうが、
惹かれる言葉はひらめきではなく、不断の努力から生まれるものと信じたい。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-06-24 00:15 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/2122793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< あじさいの里(四国中央市新宮町) 庵治町の風景 >>