坊っちゃんランランラン レポート(その1)

大会から早くも1週間経ってしまいましたが、
さ~らりとした梅~酒、じゃなかった。
さらりと書いときます。

(当日)
朝7時半頃自宅を出発、今日は大会にしては珍しく午後からのスタート、
というわけで本当はもっとゆっくり出てもいいのだが、
早目に行って入念なアップを行おうと思い、この時間に出発。
国道11号線を走り、9時過ぎに会場である松山中央公園に到着。
先にあるハーフの参加者とおぼしき車が駐車されていたが、
何とか空いているところへ駐車。
松山に住んでいたことがあったものの、

実はここに来るのは初めてだ。

準備をして中央公園内をランニングする。
2.5kmの周回コース、何人かのランナーに出会った。時折風の強い中を走る。
今日のコースは河川敷とあって、

向かい風が心配になる。

普段のランニングより少し速いペースで2周余り走って、
午後からの本番に備えて早めの昼食に一度会場外へ。
再び会場に戻り、受付を済ませてハーフのゴール前でしばし声援を送る。
準備をしていると、県内での大会とあって知り合いのランナーに結構出会った。
まだ十分時間があったので、さらにアップがてら周回コースを1周。
開会式をしていたくらいの時間、ラジオ体操には参加した。
トイレを済ませ、スタート位置へ。比較的前の方に位置取りをする。
隣に龍馬脱藩マラソンのTシャツを着た人がいたので、
タイムを聞いてみたが、出られなかったとのこと。
自分の今までの10kmのベストは46分台、
今回はコースが平坦ということもあり、

45分台を狙いたい

と思っていると、13時30分、スタートの号砲が鳴った。
マドンナスタジアムを出て、一路河川敷へ。
申込者数が1300人余りと多く、しばらくは思うようには走れない。
少しずつ前を抜きながら走るも、
適当なところに位置取り出来ないことが何度かあり、

位置取りも大変だと思い知らされた。

しばらくして車が走る橋の下をくぐるようになっているところ、ここは舗装されてない道だった。
再びロードに出てしばらくすると橋を渡り、いよいよ河川敷コースに。
心配していた風はほとんどなく、
遠目に坊っちゃんスタジアムを見ながら一路東へひた走る。
スタート当初ほどの混雑はさすがに無くなったが、
今度は道が狭くなっていることもあり、
道路にずらりと並んでいるかのようにランナーが連なっている。
前に出ようとすると、あ、折り返しのランナーが、
あれ?知り合いの方が別世界のような速い走りで駆け抜けていった。
折り返しが近くなるにつれて、だんだんランナーが増えてきた。
左下方に第3折り返しの看板が見えた。
一度西へ進路変更し、再び東へ向いてあそこまで走らなければならない。

「10kmって、思っていたよりだいぶん長いなあ。」

というのが率直な感想だった。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2013-12-15 21:22 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/21139884
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 坊っちゃんランランラン レポー... 冬の風物詩 >>