佐田岬クォーターマラソン大会 レポート(その2)

会場から見えた風車
c0034228_2254119.jpg

2km地点通過、km平均ペースは5分くらい、
やっぱり急坂でのスピードダウンが効いていた。
風車を見ながら走るコース、
景色を見ながら、ふと、昔一度車で来たことを思い出していた。

「そう言えば、車でもエンジン唸らせて走っていたよな~。」

そこを今日は自分の足で走っている。
急な下りの後、しばらくは若干のアップダウンはあるものの、
それまでの坂続きに比べれば平坦に近い感じ、
一定のスピードを維持しながら、前のランナーの背中を目標に1kmくらい走る。
4km過ぎ、坂を上り切ったところにある給水所、スポーツドリンクをいただく。
地元の中・高校生の爽やかな声援に見送られ、ここから長い坂を下る。

「帰りは長い上りになるなあ。」

という考えが一瞬頭に浮かぶが、とりあえず目先の走りだけを意識することにした。
この辺りから折り返しのランナーとすれ違うようになる。
長い坂を下りきり、再びの上り、

少しは坂に慣れてきたか。

5km、折り返し地点を相次いで通過、ここまで平均キロ5分ペースを維持、
折り返して長い上り、行きでコースの全容はわかっているはず、
だが思うようなペースでの上りの走りがだんだん出来ず、スピードダウン。

「歩こうか。」という気持ちまで芽生えてきたが、

「これはいかん!」と心の中で即打ち消す。


坂を上りきったところで給水所、再びスポーツドリンクをいただき先を急ぐ。
坂で落ちたペースを再び上げていく作戦。前のランナーを少しずつではあるが抜いていく。
6km、7km、だんだん平均ペースがキロ5分から離れていく。
そして8km前後、再び長くなかなか急な上り坂、

ペースはどうであれ、「走る」ことだけに集中していた。

「あそこまで上れば後は下り基調なんだから」と自分を鼓舞しながら走る。
そして下り坂、周りのランナー同様、一気に下る。
皆ペースを上げているため追い抜くのは至難の業だ。
9kmからしばらくして見えた「あと1km」の表示、
ラストスパートを掛けたいが、もう現状維持が精一杯、
最後の上り坂、息をあげながら走り切り、
再び勢いをつけて周りのランナーと競るようにゴール!
ふ~っ、スピードを上げて走るのはやっぱりきついが、
ゆっくり走ってきた足にはいい刺激になったかもしれない。
その後は、しらす丼と伊勢海老の味噌汁の昼食をいただき、
c0034228_2255472.jpg

抽選会に参加して送迎バスで駐車場まで。
帰り亀が池温泉で汗を流してから帰途に着いた。

今シーズンは、龍馬脱藩マラソンに始まりなかなかきついコースの大会が多いが、
しばらくはスピードが上げれる大会への参加予定なので、
スピードを意識しながら走るようにしたい。

※遅くなりましたが、長文ご覧いただきありがとうございました。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2013-11-17 22:02 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/20948523
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 県中学駅伝 佐田岬クォーターマラソン大会 ... >>