龍馬脱藩マラソン レポート(その3)

激坂のトレイル道は往路のみで復路はロードを走る。(ホッ)
上り坂続きだっただけに下り坂にホッとしながら勢い良く下る。
皆勢いがあるようで、抜かれる方が多いくらいだった。
下り坂もそろそろしんどくなってきたかなと思う頃、再び第5エイド、
だんだん喉の渇きを感じるようになってきていたので、水分を取る量も増えていた。
行きの途中でも思っていたが、

だんだん日差しのきつさが堪えるようになってきていた。

でも「下りでは走らないと。」と思いながら同じペースの人に合わせるように前を行く。
第4エイド、前半上った勾配のある坂を下ることができた。
ここを過ぎてしばらく走ったところで12時の音楽、
うん、

「このコースではゆっくりしたペースでも仕方なかろう。」

とにかく記録を狙うとか考えることが出来なかった。
もうゴールを目指すだけが目標になっていた。

何とか30km地点まで。ここに来てちょっとしたアップダウン、

特に上りがだんだん走れなくなってきていた。

そして復路のみ少し寄り道するように走る区間、

この区間がとてつもなく長く感じた。

あと10kmそこいらなのだから走らねばとも思うが、
思うようにペースが刻めない。
この区間もわずかな上りは歩き交じりとなった。
「もうすぐエイドがあるはずだ。」と思い続けながら
やっとのことで第3エイド、スポーツドリンク、コーラをいただく。
コーラの補給が本当にありがたかった(笑)。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2013-10-15 20:34 | マラソン | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/20841498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by タボ at 2013-10-15 21:01 x
ぐるっと回るこの辺り、私は去年精神的にぽっきり折れて、がっくりペースを落とした記憶があります。

しんどいコースですが、コーラが会ったので凄くありがたかったですよね?
Commented by fujitaka_1 at 2013-10-16 23:06
タボさん、書き込みありがとうございます。
このぐるっと回る区間、30km過ぎとあって精神的にもきついですよね。
私も地図は見ていたものの、実際走ってみて
こんなに長いのかと思いました。
コーラは終始ありがたい存在でした。


<< 龍馬脱藩マラソン レポート(その4) 龍馬脱藩マラソン レポート(その2) >>