情報の氾濫!?

今日は、市内であった
平成17年度四国情報通信月間記念行事の講演を聴きに行った。
テーマは、「生活にとけこみ、支えるネットワーク」ということで、
日常生活と防災、福祉の話、
テレビを用いた個人向け情報配信システムの話をしていたが、
その講演の前段で
「情報化の進展に伴い、情報が氾濫し、選別できなくなっている」
という説明になるほど納得した。
さらに「情報に埋もれるあまり、本当に必要な情報にたどり着けない」
可能性もあるという。
確かにおっしゃるとおりである。
自分に当てはめてみてもインターネットの検索で
何千件、あるいは何万件も出てきたら見る気すら起きない。
で、必要な情報が見つかればいいものの、
結局見つからなかったということも経験済みである。
まさに情報の氾濫している現在、
我々は溢れかえる情報の中情報を取捨選択できる力を身に付けなくてはならない。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-06-18 22:39 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/2080424
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 温泉情報~天然温泉 琴弾回廊(... 平泳ぎと自由形 >>