武庫川ユリカモメウルトラ70kmマラソン レポート(その2)

スタートしてまずは上流方向に4.4km、北の折り返しを目指す。
コース上に架かる橋、1kmごとの距離表示を目安にしながら先へ進む。
スタート直後は、コース上ランナーでごった返しており、
思うようなペースとはいかないが、

今日は長距離・長時間走、焦る必要は全くない。

一定のペースを刻むことだけを考える。
最初の10km~30kmくらいは65分くらいで、
後半は10km70分くらいかな~と漠然と思っていた。
阪神本線の鉄橋を越えしばらく走り、1kmになろうかという辺りで監察の方、
3年前に出た時もおられたのを覚えている。
大会時間中、終始ランナーに声援を送り続けてくれている。

もう大会の「名物」になっているのではないだろうか。

1km通過、7分くらい、最初の混雑を考えればこんなものだろう。
まだ朝早くとあって、走るのにはいい環境だ。
ただ日差しが強く、午後は暑くなりそうな予感はしていた。
国道2号線の橋を越えた当たりで2kmの表示、
3年ぶりの出場だったが、コースは大体覚えていた。
「ああ、こんなところもあったなあ。」と思いながら走る。
同じ1kmなのに、2km~3kmまでの1kmは何だか長く感じる。
「給水所がそろそろあるはずなんだが…。」と思っていると、
3kmの距離表示、そしてその先に給水所のテントと幟が見えた。
給水所でスポーツドリンクをごくりと1杯いただき、先へ進む。
しばらく走ると阪急神戸線の鉄橋、ここを越えると折り返しが遠くに見えてくる。
折り返してくるランナーさん、皆速い!
速い人は4時間台とか5時間台で70kmを走る。

自分には考えられない世界だ。

コースの大半は足に優しい土なのだが、
この辺りは一部コンクリートやアスファルトの部分もある。
折り返しに立てられている赤いコーンがはっきりと見えてきた。
直前の計測用マットを踏んで、4.4kmの折り返し、
次は5km先の南の折り返しを目指す。
しばらく走って5km地点、
北向きに走っている時はそんなに感じなかったが、
南から風が吹いている、

いわゆる「向かい風」である。

これがフルマラソンであれば走りにくいと感じるかも知れないが、
今日のようにゆっくり走る分には何ら問題ない。

いつもの河川敷で

慣れているというのもあるかもしれない。


6kmの手前で給水所、北向きの3.5km給水所の向かい側に設置されている。
確か1回目だけ通過したが、ここを逃すと次は3km先になり、
その前の給水所からだと5km先くらいになるので、
前半はまだしも後半になるときついかもしれない。
現に2周目からは全ての給水所で給水した。
後はスタート地点までは来た道を帰る。
右手に見えた風景が左手に見えるくらい。

時折川の向こう側の様子も見ながら

気を紛らわせたりした。


7km過ぎてしばらくすると、阪神武庫川駅のホームのある橋が見えてくるが、
実際そこまで辿り着くまでには結構時間が掛かる。
8kmの距離表示を通過し、しばらくするとスタート地点、ここにも給水所がある。
ここから南の折り返しまでは約1km、
海に近づいているとあって、向かい風がだんだんきつくなってくる。
自然に減速気味になるが走れないことはなかった。
9kmの距離表示を越え、松の木が見えると、南の折り返しのコーンが見えた。
折り返し、再び北向きにスタート地点まで0.6km、
この区間は追い風を感じながら走ることが出来た。
ペースアップしようと思えば出来なくもない区間ではあったが、
先は長いと思い、一定ペースで走ることにした。
こんな感じで再びスタート地点、時計が設置されていた。
これがコースの全体像である。これをあと6回繰り返すようになる。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2013-05-10 23:36 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/20095786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 武庫川ユリカモメウルトラ70k... 武庫川ユリカモメウルトラ70k... >>