桜街道・夢マラソン レポート(その2)

今日はスタートから勢い良く飛び出していく作戦。
緩やかではあるもののいきなりの上りが続く。
先にコースを教えていただいた人に「結構上ってますね。」と声を掛ける。
しばらく由岐の街中を走るとあって、沿道の声援を受けながら走ることが出来た。
街中を抜け、いよいよ上りが始まる。
一つ一つはそんなに急な勾配はないものの、

じわじわと足にくる坂だ。

山間のくねくねと曲がっている坂道、

「我慢の走り」を続ける。

先が見えるところが時折あって、
ふと前を見ると、「あ~、まだ上りが続くんだ。」と思うこと数回、

想像していたよりずっと長かった。

そんな訳でスピードアップどころか、なるべく今のペースを維持するのが精一杯の状態。
後から来たランナーにひたすら抜かれた。
「○○展望台」の案内表示が出ていたのと、先の道が下っているのが見えたので、

「お~、長かった上りも終わりなのかな。」と少しホッとする。

下ったところで4.8km、最初の給水所があり、水をいただく。
さて、ここからは下りか平坦な道なんだろうと思い、
今までの上りのロスタイムを取り返すべく走ろうと意気込むも、
思うようにスピードが出ない。

「あれ、こんなに体が重かったかな。」

「まだ前半なのに…、今日は調子が悪いかな。」


と思いながら先へ行く。
コースはのどかな山間の県道、
心配していた風の影響もなく、日差しがきつく暑いくらいである。
それにしてもなかなか来ない折り返し地点、ペースも思うようなものではない。
先頭集団が折り返して走ってきた。
このタフと思われるコースを勢い良く走られている。
2度目の給水所、ここでも立ち止まって水をいただき、
先へ行くと、やっと待望の下り坂である。
なかなかの勾配、行きは勢い良く下れるのでいいが、
帰りはここを上らないといけないのはきつい。
10km地点を通過、もうすぐ折り返しとの声援を受け、下り続ける。

右手に見える海がきれいだった。

こうしてやっと見えた折り返し地点、
係の人が54分03秒と言っていたのが聞こえた。

上り基調にしてはまあまあかなと思う。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2013-04-16 22:41 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/19853815
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 桜街道・夢マラソン レポート(... 桜街道・夢マラソン レポート(... >>