宿毛花へんろマラソン レポート(その3)

c0034228_0151677.jpg

橋を越えて全般的に上りだしているのがよくわかるようになってきた。
この区間は帰りも通るため、右側の給水所には「帰り専用」という表示がなされてあった。
第6給水所、給食エイドである。
スポーツドリンクにパン・チョコをいただき、頬張りながら進む。
ここで名前を呼ばれての声援、手を挙げて応える。

この当たり、ローカル色がにじみ出ていて好きだ。

20km・中間点を相次いで通過、中間点が1時間55分くらい、
走っていても今日はちょっと疲れているのかなとわかる感じ。
オールスポーツの撮影、スタート前に慌てて書いた「はなちゃん」の文字、

「手のひら大作戦」をここで敢行!

手を挙げるとカメラマンさんが「撮れたよ」と大きく手を挙げてくれた。
第7給水所を過ぎてトップのランナーが折り返してきた。坂を勢い良く駆け下りていた。
第8給水所、坂本地区、少しづつ勾配がきつくなっていたが、
走り出しに感じていた体の重さはあまり感じなくなっており、時折前を抜きながら走る。
25km前後の長い坂もスピードは落ちても走りきることが出来た。
坂を上りきった辺りにある給水所で給水し、一路折り返し地点へ。
知り合いのランナーとお会いするのもこの区間、アップダウンが結構長く続く。
高知龍馬マラソンでは25~30kmの間を「正念場」とし、
勢いづいて走るよう意識していたが、
このアップダウンでは、

正直現状維持が精一杯のところだ。

折り返し直前の第9給水所で給水、
ここで「ロビンフット」タボさんとすれ違う。

「あれ、意外と差は開いてなかったのかな?」

ここではトイレも済ませ、折り返し地点では寛平さんと握手をして先へ進む。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2013-03-27 00:10 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/19739664
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 宿毛花へんろマラソン レポート... 宿毛花へんろマラソン レポート... >>