高知龍馬マラソン レポート(その5)

(35km~ゴール)
36km辺りで長かった花海道区間も終わり、目標の三叉路にようやく到達、
ここを左折し、ゴールの競技場を目指す。
以前出たテレビ高知健康マラソンのコースとかぶっている区間が多いが、

この辺りで強烈な向かい風!

被っている帽子が飛ばされそうになり、一部区間では帽子を持って走ったほど。
向かい風の影響でスピードを維持するどころか、
時折走るのがやっとという状態、
でも

「ここで止まるわけにはいかない。」

「ここまで頑張って走ってきたのだから、

ここからの少しの区間は走れるはずだ。」

「ここは一度走ったことのあるところだろう。」


などという思いを巡らせながら先へ進む。
37km過ぎから、距離表示に加えて、「あと○km」の表示が出るようになる。
距離表示と「あと○km」表示の間隔は200m弱なのだが、
ここまで来ると、この間隔がとてつもなく長く感じることもあった。
幸い平坦な部分が多く、「道なりに競技場までか~。」と思っていると、
ん?ランナーが予想外のところを左折している。

「あれ?真っ直ぐ競技場に行くんじゃないの?」

どうやら、短い折り返しがあるようだった。
事前にコース図を十分見てなかった自分が悪いのだが、

予想外のコースに心が少し折れかけになった。

しかも折り返し点の前が例によって少し上り坂になっている。

「折り返しはどうしてこうも上るんや!」

と思いながら給水を取り、最後の力を振り絞る。
何とか折り返し区間を走りきり、競技場へ。
41km地点からの長い上り坂、もう勢いはなく、
足を一歩一歩前に出してゆっくり走るので精一杯。沿道の声援に助けられた。
坂を上って競技場、
「さて、どこがゴールかな?」
とトラックを走っていると、42km地点の表示、

ちらりと見えたゴールがものすごく遠く感じた。

それでもあと200m、ラストスパートまではいかないが、
何とか走りきってゴール!わずかながら自己記録を上回った!
完走後は、タオルをいただき、チップを外してもらうなどしていただきながら、
道なりに進み、完走証を受け取る。
3時間51分17秒、自己ベストを約1分20秒更新出来た。
最後まで走りきれたこと、一定のペースを維持出来たのが
記録更新に繋がったのだと思う。
その後はサービスのつみれ汁をいただいたりして
シャトルバスで高知駅まで行き、帰途についた。

※掲載がすっかり遅くなりましたが、ご覧いただきありがとうございました。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2013-03-10 21:05 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/19639247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 滝の宮公園の梅 など 高知龍馬マラソン レポート(その4) >>