べいふぁーむ笠岡マラソン レポート(その3)

折り返しからしばらくは来た道を戻る。
風は少し吹いていたがさほどは気にならない。
神島の区間が終わり、再び干拓地へ。わすかな下りを利用してスピードを上げる。
右折ししばらく走ると15km地点、1時間18分、

「少しはペースアップしたかな。」と思った。

干拓地の外周を走るような感じの道が続く。
キロ5分くらいのペースを何とか維持出来ていた。
3度目の給水を経て、あと○kmの看板が出るようになった頃。

ゴールのタイムを意識するようになる。

当初は1時間50分台かと予想していたが、
このままいけば1時間50分が何とか切れそうだと思えてきた。
そうなると少し元気が出て、走りに勢いが出てきた。
この勢いがもう少し前の方でも出ていたらなとも思うが、

まあ今はとにかく全力で走るしかない。

18kmの関門を通過、あと3km、ひたすら真っ直ぐ続く道、
ごぼう抜きとまではいかないが、抜く人数が少しだけ増えた感じがした。
途中から10kmのランナーと合流、ランナーの数が少し増えた。
あと4km、3kmは順調に来たのに、あと2kmがなかなか来ない。
真っ直ぐの道に飽きが来たのかと思っていたら表示発見!

このまま競技場までこの道だ。

あと1kmの表示近くになり、見覚えのある景色が、ゴールの競技場が見えてきた。
眼鏡に被せるようにかけていたサングラスを外す。
表示を通過、勢いを維持して走り競技場内へ、1周と4分の1を走る。
外周を走っている時に見えた時刻表示、1時間47分…秒、

うん、1時間50分は切れると確信した。

最後までペースを維持し、直線を勢い良く走ってゴール!久々の大会を走りきれた。
ゴール後は流れに沿って水分補給をし、完走証を受け取りに行く。
1時間49分23秒、ひとまずの目標は達成できたが、
平坦で走りやすいコースの割には勢いが足らなかったかなとも思う。
その後はサービスの豚汁をいただいたり、着替えをして会場を後にした。

普段の練習ではスピードを意識することは少ないが、
たまにはスピードを意識した練習も必要ではないかと感じた今回の走り、
次に向けてまた頑張りたい。

※今回は少し短めのレポートでした。ご覧いただきありがとうございました。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2013-02-11 21:53 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/19256829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 淹れたてコーヒー べいふぁーむ笠岡マラソン レポ... >>