べいふぁーむ笠岡マラソン レポート(その1)

あんまり遅くなり過ぎても記憶が薄れていくので、
備忘録の意味も込めて、そろそろ書いとくことにします。

(前日まで)
年末まで仕事で走れない時期が続いていたが、
何とか走れるかなと思い始めた頃、
まだ申し込める大会ということで思い切って申し込みをした。
四国では丸亀が高速コースとして知られているが、
ここも平坦で走りやすく

「岡山の高速コースでは?」

と思ったのも参加した理由の一つだ。
それでも約4ヶ月ぶりの大会参加とあって、
楽しみと不安が入り混じったまま当日を迎えることとなった。

(当日)
朝6時前起床、身支度をして自宅を出発、
走るからには食べとかないとということで、
朝からすき家の牛丼などを食べ、高速のICを通過したのはちょうど7時くらいだった。
高速をひた走り、8時過ぎに早島IC、
ここからもう少し走って山陽道に入っても良かったが、まだ時間もあることだし、
少し山手を走る高速よりも、国道2号線バイパスを行く方がいいのではと思い、
ここで高速を下り2号線をひた走る。
比較的順調に進んでいたが、笠岡市内、会場が近づくにつれて、だんだんと混みあってきた。
「これはマラソン大会渋滞か…。」と思っていたら、
案の定会場へ向かう車の列が出来ていた。
それでも何とか会場である笠岡陸上競技場の駐車場に到着、
アップジョグがてら少し早歩きで受付まで、
9時ぎりぎりではあるが、何とか受付を済ませることが出来た。
開会式が始まっているところだったので、しばし見学、

なかなか立派な陸上競技場である。

その後体育館に移動し、ゼッケン取付などの諸準備、
プログラムを見たところではハーフは700人余りの参加人数、
どうやら混雑は気にしなくて良いようだ。
トイレも済ませ、まだ時間があったので、
駐車場までの道を今度は少しスピードを上げて走ってみた。
久々の大会とあって、

レースペースというか、感覚を忘れている感があるので、

どのくらいのスピードで走れるか不安ではあるが、
まあなるようにしかならないと思い、競技場のスタート地点に向かう。
人数がさほど多くないこともあって、緊張感とかはなくほのぼのとした雰囲気、
自分の力を出し切れるように行こうと思っていると、スタートの号砲が鳴った。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2013-02-11 21:41 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/19256765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< べいふぁーむ笠岡マラソン レポ... しまなみ海道の近く >>