村岡ダブルフルウルトラランニング レポート(その8)~~念願のおはぎエイド~

後半戦最初のヤマ場は長楽寺、
昨年射添会館を出たところで遥か上に見えた建物、
「まさかあそこまで行くんじゃないよね?」と沿道の人に聞き、
思わず笑ってしまったきつい上りを一歩一歩上る。
歩いていた区間が多かったものの、時折走って長楽寺到着、
大仏様に一礼し、大仏殿を一周した後、

待望のおはぎエイドへ!

昨年売り切れで食べられなかった分、

喜びをかみしめながらいただく。

「ごちそうさまでした!」と挨拶し、先へ。
外の雨がだいぶん激しさを増していた。
ここから丸味エイドまでは橋を渡るコース、
途中から1km距離が短くなっていたところをここで調整するようだった。
時折緩やかな上りがあり、歩きは入るが、結構頑張って走った区間だった。
道路右側に設置しているポールなどを見ながら、

「あのポールまでは走ろう。」

「次のガードレールから走ろう。」


と目標にしながら走っていた。
丸味エイド到着、飲み物・果物で水分補給、
ここからの上りもなかなかきつい。

だんだん上りは走れなくなってきていた。

時折走ろうと思うも、勾配のきつい坂を目の当たりにすると、
自然と歩いてしまっていた。
昨年もここはきつかったことをはっきりと覚えている。
前のランナーを抜けるかなと思うも、
同じくらいのスピードではなかなか抜けない。
思ったよりも遥かに長い坂に「もうすぐ下りだ。」と言い聞かせるも、
走り出しがうまくいかない。
80km付近、やっと見えた下り坂、
多分上り区間が終わったかなと思い、走り出す。
周りのランナーも考えることは同じなのか、多くのランナーが走り出していた。
しばらく走ると池が見えてきた。
池の先に見えるのが、次のエイド、あけぼの山荘エイドだ。

ここは「カレーエイド」で有名なところだ。

昨年同様、もちろんカレーをいただく。

このカレーに元気をもらった。

ここからの下り坂を走る原動力になったと思う。
エイドの人が「カレーさっさと食べて行かないかん。」と言っていたのが面白かった。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-10-12 23:32 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/18556504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 村岡ダブルフルウルトラランニン... 村岡ダブルフルウルトラランニン... >>