村岡ダブルフルウルトラランニング レポート(その5)~蘇武岳の上り~

序盤から、昨年も走った(歩いた)ものの、きつい上り坂、
しかし、初っ端から歩いているばかりでもいけない。
息を吐きながらゆっくり走る。

おっとカメラマンが撮影しているじゃない。

ここは頑張らないと!


ということでピースとガッツポーズで走って通過、
ちなみに後でわかったのだが、
スポーツ写真でおなじみ、オールスポーツの撮影でした。
撮影ポイントを越えてからしばらく歩き出す。
このまま歩き通すわけにはいかないと思い、走り出す。
基本的にはこの繰り返し、
耀山エイドまでは走った区間の方が多かった。
耀山エイドを過ぎ、本格的な山道、周りも歩いているランナーが多い中、
ふとランナーのブログに出ていた作戦を思い出した。
「百歩百歩作戦」、百歩走って百歩歩く。
思い立ったら早速実践。
い~ち、に~、さ~ん、で百まで、
あ、い~ちで二歩進んでいるから、

「二百歩作戦」になっている。

まあいい、これで少しは走る距離・割合が増えたかに見えたが、
勾配がだんだんきつくなり、歩くのもやっとという坂が次々と現れ、
しかも長い!自然と歩きの割合が増える。

ここはあんまり無理出来んな。

そんな中でもゆっくりでも走られている方もいる。すごいなあ。
少しいけそうなところは頑張る。
耀山牧場、蘇武三叉路のエイドまでの間はかなりの割合で歩いた。

やっぱりいつ来てもきつい。

「ここを過ぎればジョギングくらいなら行けるよ。」なんておっしゃるエイドの方、
確かに少し勾配の緩いところも現れ、
ゆっくりでは走れるものの、またすぐにきつい坂、歩きになる。
この辺りは沿道の声援がない代わりに
ランナー一人ひとりに声援の看板が、
あ、ここは走った、
特に自分の周辺は…。

自分の看板には

「絶対いける!大丈夫!」とあった。


かなり疲れが出てきていたが、

この看板に元気をもらった。

49km地点にあった計測マット、11時4分くらい、
1km短いが昨年より少しは速いのかなと思う。
その後も上りが続き、蘇武展望台エイドに何とか到着する。
生憎の雨で景色が見渡せないのが残念だ。
そしてこの辺りから、飲み物は温かい物中心に取るようにした。

少しでも体を温めないといけない。

ここでは温かいお茶、ホットコーヒー、
そして食べ物は果物にチョコ、巻き寿司をいただく。

よく食べられるだけまだ元気な証拠だ。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-10-09 23:48 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/18545794
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 村岡ダブルフルウルトラランニン... 村岡ダブルフルウルトラランニン... >>