汗見川清流マラソン レポート(その3)

だんだんと折り返してくるランナーの数も増えてくる。
知り合いのランナーと手を挙げて励まし合った。
冬の瀬の折り返しを通過し、後は来た道を帰るだけだ。
11kmの給水所、先に通った10kmの給水所の反対側、
次の給水所が3km先とあって、ここでも給水する。
ここからは長い下り坂、

自分の中では勢いをつけて走る。

上っている時に比べればスピードはだいぶん上がっていたとは思うが、
それでも時折抜かれることもあった。
ふと気が付いたが、
走り出してから前のランナーを抜くよりも

後から抜かれることの方が圧倒的に多かった。

皆この暑い中、勢いづいて走れるものだと感心させられる。
ほぼ勢いづいたまま14km付近の給水所、
体中水を浴びているのに、なかなか火照った感じが収まらない。
幾分か下りが緩やかになるが、
平坦になればスピードは上げられないと思われたため、
この区間では頑張って走った。
16km地点、清流館まで帰ってきた。
帰りは「あと○km」の表示に変わる。
あと5kmの表示を通過、給水をし、

ここから我慢の走りを続ける。

気温もだんだんと上がり出し、
日陰があればと思う時に限って、
日差しのきつい中を走らなければならなかったりする。

「もうすぐだ、あと30分もすればゴールしている。」

と自分に言い聞かせながら走る。
あと4kmの地点、大きな声で声援を送ってくれた人がいた。
手を挙げて応えた。
あと3km、最終の給水所、コップの代わりに柄杓で水をいただいた。
ここでも水を思いっきりかぶった。
1kmごとの表示が大体予測出来ていたので落ち着いて走れた。
あと1kmに辿り着こうかという頃、
「2時間切れますよ~!」との声援、
タイムはあまり気にしてなかったのだが、
この声援で少しスピードを上げることが出来た。
ラストスパートまではいかないまでも、最後まで力を出し切ろうと思った。
あと1kmの地点を過ぎてから沿道に人が増えてきた。
既に走り終えたランナーが声援を送ってくれていた。
知り合いのランナーもいて、名前を呼んでいただいた。

疲れていたが、元気になれた。

川沿いの道が終わり、
あとは勢いを維持してそのままゴール!

暑い中、何とか走り切れた。

ゴール後は、スポーツドリンクと汗見川名物のトマトをいただく。
疲れた体に染み渡るように美味しかった。
その後は着替えを済ませ、そうめん・お寿司の昼食をいただき、
抽選会に参加した後(残念ながら当たりませんでしたが…)、帰途についた。
夏の大会は記録云々よりもまずは走り切れることが何よりだ。
まだ暑い夏はしばらく続きそうだが、夏バテに負けないように頑張りたい。

※えらく遅くなりましたが、ご覧いただきありがとうございました。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-08-12 23:11 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/18335175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 週末カメラン(その1) 汗見川清流マラソン レポート(... >>