汗見川清流マラソン レポート(その1)

「こんなに遅く掲載するレポート、見たことないぞ!」なんて思われるかもしれませんが、
ご容赦ください。

(参考)汗見川清流マラソン大会(速報)(2012年7月29日投稿)

真夏の昼にハーフマラソン、想像しただけでも過酷な環境だ。
そして会場の汗見川、
漢字1字ずつ見れば、「汗」を「見」る「川」ときたもんだから、

「暑い」以外の言葉が

浮かんでこないくらいの大会だ。


それでも参加するランナーは年々増え続け、
主催者側で設定した締切日以前に定員に達し、
締め切られるくらいらしいから不思議なものだ。
この大会は、10kmのコースの時から参加し始め、通算4回目。
よく走るなあと自分でも思いつつ、
この時期他に大会が無いことから、皆が集まるのではないかとも思う。

当日は朝6時前起床、朝食、用意を済ませて7時過ぎに自宅を出発、
高速だとインター間は40分くらい、会場までは約1時間と踏んでいた。
松山道・高知道と走り大豊ICまでは順調、
大会参加者とおぼしき車がだんだん増えてきた。
国道439号線を走り本山町に入って、
最寄りの駐車場に行くための県道に分岐するには
まだ距離があるなあと思うところでストップ、早くも車の列が出来ていた、

つまりは渋滞だ。

年を追うごとに参加者が増えている影響が早くも出ている。
会場に近い駐車場が満車とのことで、昨年と同じ第2駐車場に駐車、
そこから送迎車のワゴンに乗り、会場に到着した。

最寄りの駐車場は満車
c0034228_23264411.jpg

受付を済ませ、更衣場所となっている吉野小学校の体育館まで道を上る。
ここまでほとんど走ってないのだが、既に結構な汗をかいていた。
こんな調子で大丈夫かと思いつつ、準備を済ませる。
計測器はビニールの紐で靴紐に取り付けるタイプのもの、
最近こういうタイプが増えてきた。
外れないように幾重にも巻きしっかりと取り付ける。
会場に下りていき、荷物を預け、アップがてらグラウンドを2周ほどゆっくり走る。

会場
c0034228_23274285.jpg

今日はどのくらいのペースで走れるか不安はあったが、

昨年の記録は上回りたいなと思っていた。

ブログを通じての知り合いの方と挨拶を交わし、
スタート前から水分補給をした。
スタート地点、
最初参加した時にはスタート1分前になって
やっと並び出すようなのどかな雰囲気だったが、

だんだん並び出す時間が早まっている。

皆、この暑い中、やる気満々ですなあ。


去年より少し前の方に並ぶ。
まずは完走、次に記録更新で頑張ろうと自分の心の中で意気込んでいると、
午前10時、スタートの号砲が鳴った。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-08-11 23:22 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/18331871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 汗見川清流マラソン レポート(... ランの後は… >>