第21回朝霧湖マラソン レポート(その2)

スタートしても序盤は道一杯に広がるランナーでなかなか進むことが出来ない。
これは最近の大会の特徴だ。
流れに乗りつつも、少しスペースが空いたかなと思うと、
前を抜きながら走る、この繰り返しだ。
右折し、商店街内を走っている途中で1kmの表示、
スタート時のロスもあり約7分掛かっている。

「ちょっとは急がないと。」

と思い、前を抜く回数を上げていく。
再びスタート地点まで戻ってきて同じ道を走り、2km地点を通過、
平均キロ6分くらいまで戻った。

いよいよ序盤の上りに入る。

遥か先には坂を上るランナーがちらほらと見えた。
まだまだ集団の状態が続いていたが、ここでだいぶんバラけてきた。
勢いもあり、坂をぐいぐい上る。
時々練習で上っている、公園の展望台へ向けての坂を思い出しながら、足を前に出す。
4km、坂の途中で給水所、地元の中学生が運営に参加している。

元気のいい声が響いており、元気をもらった。

坂ももうすぐで下りに変わるはずだが、なかなかきつい。
最初こそ前のランナーを抜いていたものの、なかなか思うように抜けなくなってきた。
上りが終わろうとする頃、5kmの表示、28分くらいだった。
上りが終わり、長い下り坂、
上りで上がりかけた息を整えながらスピードを上げて走る。
帰りはこの坂を上らないといけないが、
それはそこに達した時点で考えればよい。
6km付近に給水所があったが、ここは通過して先を急ぐ。
深山ダム湖を右手に見ながらひた走る。
この辺りは比較的平坦な道、しかし、平坦な道もそう長くは続かず、
ほわいとファーム付近でアップダウン、
もう少し走ってわんぱくランド付近でもちょこちょこしたアップダウンがあり、

改めてアップダウンが多いことを思い知らされた。

8km付近の給水所ではスポーツドリンクをいただく。
ここから野村ダムを見下ろす道を走るが、山間とあってダムはあまり見えない。
8km過ぎてしばらくすると、先導のバイクと共に、
トップのランナーが折り返してきた。ストライドの広い、すごく速い走りだ。
この辺りも結構上りが続いている。
2回目の参加だったが、中盤はあまり覚えてなかった。
そんなに急な坂ではないのだが、緩やかでも続けば

「あれ、こんなに上ってたっけ?」

というくらいの上り、
じわじわと足にくる上りである。
その後は9~10kmにかけて少し下ってはまた上りの繰り返し、
上りではなかなか思うようにスピードが出てないことを実感した。
10kmを過ぎて坂を上った後は折り返し地点まで長い下り坂、一気に駆け下りる。
折り返してくるランナーの数がだんだん増えてきた。

11km地点で久々に時計を見た。

ちょうど1時間くらい。


折り返し後は長い坂を上るが、
後は下り基調なので、スピード出していかないとなという気分になっていた。
折り返しを通過、給水した後、今まで下ってきた長い坂を上る。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-05-06 22:01 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/17926545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 第21回朝霧湖マラソン レポー... 第21回朝霧湖マラソン レポー... >>