とくしまマラソン2012 レポート(その3)

こんな感じで、何とか20kmまで来た。
(12kmからいきなり20kmかい!手抜きか?と思われるかもしれませんが、
ごめんなさい。あんまりはっきりと覚えてません。)
前回は20km手前で折り返しがあったが、
コース変更に伴い今回はその道は走らないようだ。
そしてこの少し前から目指す西条大橋が見えてきていた。

とりあえず一区切りとなる地点である。

ただ実際は橋が見えてからが結構長かったりする。
20km手前か20km辺りでコース上の人口密度が増えた感じ。
一瞬、

「4時間のペースランナーと

その集団が前にいるからかな?」


とも思ったが、
この辺り若干コースが狭くなるからのようだった。
集団に付いていくように走っていたが、右端から少しずつ抜いていく。
強風の影響からか、胸部に付けていたゼッケンが一部外れていることに気付く。
安全ピンはあるので、少し停まって付けようとするが、
焦りもあってなかなか思うように手が動かない。
エイドの人に助けを求めて何とか付け直し、再び走り出す。
(エイドのスタッフの方、ありがとうございました。)
エイドではバナナをまるごと1本いただく。
本当はもっとゆっくりして、エイドにどんなものがあるか眺めながら堪能したいのだが、
ここまで結構時間が掛かっており、
先も苦しい走りになることが予想されたので、先を急ぐ。
少し狭い道が終わり、いよいよ西条大橋。
北詰の下り坂を思いっきり下り、阿波踊りの声援を受けた後、橋を渡る。
前回参加した時は、この辺り気分がすぐれず、歩きが入った走りになっていたが、
今日はコンディションがいまいちである割には順調に走れている。
それにしても左側から吹く風が一段と強烈になってきた。
「苦しいのは皆一緒」という思いもあるものの、

ここから先大丈夫かとの不安が先行する。

あ、ここで帽子を飛ばされそうになったので、途中から持って走ることが多くなった。
橋を渡り終える辺りでタボさんに再び抜かれた。
橋を渡って坂を下りしばらくは土手の下を走る。
第6給水所は通過、予想通りの向かい風、
北岸にいる時に、
「土手の下区間は風もそうでもないのでは?」
なんていう会話が聞こえてきたが、

そんなに甘くなかった。

普通に向かい風がビュービュー吹いている。


足は前に出ているものの、思うように進まない。
ペースを上げるどころか、今のペースの維持も難しいくらいだ。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-04-30 00:11 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/17895088
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< とくしまマラソン2012 レポ... とくしまマラソン2012 レポ... >>