四万十川桜マラソン レポート(その4)

坂を下ったところが第7給水所、スポーツドリンクをいただく。
しばらく走ると30km地点、2時間50分くらいだったかな。
サブ4は少し厳しい状況、
この辺りは予土線の線路と並走するように走る区間、
時折アップダウンがあるが、川は下っているので、下り区間が多くなる。
走り続けてはいるものの、序盤の勢いはだんだん無くなってきていた。
31km過ぎに12時のサイレンが鳴った。
過去に出た大会のペースと比較して、
海部川風流マラソン(2010年2月参加)とほぼ同様のペースと察知し、

ゴールは4時間5分くらいを想定していた。

ついにというよりかはやっとのことで、あと10kmの看板登場、
しばらく走ると、2つ目の沈下橋を渡るランナーの姿が遠くに見えた。
回り込むように坂を下り、2つ目の芽吹手沈下橋を渡る。
橋を渡った辺りで声援を受け励みになるも、

ここからこの大会の難所、

長い上り坂があるのだ。


他の人のブログ等を参照するに、坂は400mほどで
そんなにたまらん急な坂でもないのだが、
これまで下り基調で来たこと、
そして30km余りを走っている体にはと~ってもきつい坂である。
上り始めこそ、何とか走れていたものの、

しばらくすると心が折れて、

ついに歩いてしまった!


坂の途中であと9kmの看板、

「ああ、あと9kmもあるのか…。」

既に気分は後ろ向き、
しかし、自分の心の中で葛藤があった。

「こりゃいかんいかん!

こんなんでは、完走したとしても残力感が残るだけだ!!

あの電柱から走ろう!」


と心に決め、ゆっくりではあるが走り出し、歩いているランナーを抜く。
まだかまだかと思っていると、
坂の上で両手を振りながら「はい、お疲れです。ここが坂の頂上ですよ~。」
と案内している人が。
何とか坂を上ったところで第8給水所。水分補給をする。
この頃になると太陽も出てきて、日なた部分が増え、
しっかりと汗をかくようになっていた。
34・35km地点を着実に通過、
残りの距離とゴール予想時間くらいしか頭の中にない状態だった。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-04-09 21:47 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/17798297
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 四万十川桜マラソン レポート(... 四万十川桜マラソン レポート(... >>