四万十川桜マラソン レポート(その3)

※マラソンレポートながらあまりきれいな話ではないので、
 さらっと流して(!)ください。


22km過ぎの道の駅大正のトイレに行くが、さっきトイレに行ったばっかりなので、異変はない。
声援を受けながら先を急ぐが、先へ進むにつれてやっぱりおかしい、

「うん、やばいかも?」という状況になってきた。

え~と、トイレは橋を渡って旧道を走り25km地点付近にあったはずだ。

以前参加した時の記憶が

ここでと~っても役に立った。


橋が見えれば後はそうでもないが、その橋がなかなか見えてこない。
最悪の状況も想定した。間に合わなければどこでトイレを借りようかとも考えた。
先を急ぐべきだが、お腹がこんな調子ではスピードは出ず、ペースダウン。

下りが続くところなのに勿体無かった。

この辺りどのくらいのペースだったのだろうか?
何とか待望(!)の橋が見え、渡りしばし走ると、25kmの関門が見え、

念願(!!)のエイド(第6給水所)が見えてきた。

たまらずトイレに駆け込む。

あ~良かった。間に合った…。

少し時間を取ってしまったが、体調第一だけに、仕方がない。
お腹の調子は元に戻るかどうか不安だったので、
しばらくゆっくりのペースを維持する。
25km通過地点では2時間16分台、意外と行けるかもとも思ったが、

このペースダウンぶりでは後がきつい。

そしてペースアップしようにも、後半戦とあって
なかなか思うようにペースが上がらない。
お昼が近づき、だんだん気温が上がってきているはずなのだが、
こんな時に限って今走っているところは、
風こそあまりないものの日陰の道、

「う~ん、早く日なたの道に出たいよ~。」

とこの時は思った。
国道に出て、しばらくは付近の集団に付いて行く感じが続いたが、
橋を渡り再び旧道に入る辺りで少しペースアップが出来た。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-04-09 21:46 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/17798290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 四万十川桜マラソン レポート(... 四万十川桜マラソン レポート(... >>