宿毛花へんろマラソン2012 レポート(その4)

※掲載がすっかり遅くなってしまったので、一気に書き上げます。

ここからは前回参加の時に歩いてしまったところでもある。
33km地点を通過した辺りで12時のサイレンが鳴った。
あと9km余りを1時間、
普段走っているペースでいけば何とかサブ4は達成出来るが、

ここまで走ってきているとあってまだまだ気が抜けない。

気がつけば雨はこの時点では止んでいた。
途中からは小降りもしくは止んでいる区間の方が長かったんじゃなかったかなと思う。
そんな天気に助けられた。
あと、前回参加の時と比べて参加者が若干増えているとあって、
周りにも相当数のランナーがおり、

目標となるランナーがいたことも

後半走れたことにつながったと思う。


そうそう、仮装のランナーも結構いて、
「僕は4時間ちょうどくらいで行くんで先どうぞ。」と言って
道を譲ってくれたランナーさんがいた。
後ろで話し声が聞こえていたが、どうも2年前の大雨の馬路も走られていた模様、
時間に余裕があればもっと話をしたいところだったが、

ここは有難く先に行かせていただいた。

目標となるランナーを見失わないように頑張って付いていく。
前回心が折れた第13給水所付近のポイントも走って通過できた。
時折時計を見ながらペースを確認、
あと5kmくらいのところで見た限りでは、そうじゃを上回る記録が出せそうだった。
走り続けて第14給水所でちょこっと水分補給、
坂を下ってしばらく走ると、序盤に走った赤い橋が見えてきた。

帰ってきたぞという気分になった。

橋を渡りしばらく走って40km地点、第15給水所を相次いで通過、
オールスポーツの撮影ポイントもこの辺にあったと思う。
沿道からは「あと少し」「お帰りなさい」の声援が多くなるこの辺り、
コースはゴール地点に向かってだんだんと上っているのがはっきりとわかる。
前回はかなりの部分歩いてしまったところだった。
最後に上りだと心が折れそうにもなるが、

ここが踏ん張りどころと

自分に言い聞かせながら坂を上る。


左折し、競技場に向かう最後の上り坂は本当にきつく、止まりそうになったが、
何とか足を前に出せていた。
体育館の北側を通過し、競技場に入ろうとする辺りで
自分のゼッケンと名前がアナウンスされているのが聞こえた。
上り坂ではスピードダウンしたものの、そうじゃを上回る記録が出せることを確信し、
競技場の1周半を力を出し切るつもりで思いっきり走ってゴール。

雨が降る中、何とか頑張れた。

ゴール後すぐにドリンクや接待所にて鯛めしなどをいただき、完走証を受け取る。
3時間52分30秒(ネット)、そうじゃから約1分の更新である。
走力・気力とも最後まで維持出来たのが結果につながったと思う。
その後は着替えをして帰途についた。

記録はどこまで伸ばせるかわからないが、

限界だと思うのはまだ早いと思っている。

走力・気力とも今以上のものになるよう頑張っていきたい。

※いつもながらの、そして遅れ馳せながらの長文をご覧いただき、ありがとうございました。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-04-02 22:12 | マラソン | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/17763577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 今日のおじさん at 2012-04-03 22:34 x
ナイスランです~
よく、雨のなか心も折れずにタイム更新おめでとうございます。
花ちゃん、さみしいですね~
あの名物仮装はファンが多いんですもの。
fujitaka_1さん、サブ3.5は今年いけそうですよ。
がんばってください。
Commented by fujitaka_1 at 2012-04-04 22:35
今日のおじさんさん、書き込みありがとうございます。
四万十川桜マラソンで、記録は一旦後退してしまいましたが、
次のとくしまマラソンで、再び更新を狙っていきます。
はなちゃんは、愛媛と宿毛には帰って来たいとおっしゃってました。
確かにファンは相当多いと私も思います。


<< 桜観測(4月4日) 宿毛花へんろマラソン2012 ... >>