宿毛花へんろマラソン2012 レポート(その2)

スタートして陸上競技場をほぼ1周した後、ロードに出る。
参加者で混雑しているということはなく、ロスタイムもほとんどない。
陸上競技場を出るとしばらくは下り坂が続く。
車でここまで来た道をひたすら下る。
1km通過、最初のわずかなロスタイムもあるが5分40秒くらい、

まずまずのペースだ。

運動公園の坂を下り右折、ここからも下り基調の道、
ただしここは帰りも通るところ、前回参加の時はここは帰りは所々歩いた。
今は帰りのことは考えずペースアップを続け、前のランナーを抜きながら走る。
雨が降っているとあって所々水溜りがあり、
今のところは除けながら走っていた。
序盤とあって1kmごとにペースを確認、5分30分くらいのペースか、

もうちょっと上げられそうだ。

赤い橋を渡り左折しすぐのところが、最初の給水ポイントだったが、
ここは通過、ここで「はなちゃん」を抜いた。
声を掛けていこうか迷ったが、またどこかでお会いできるだろう。
雨も降り続いており、暑さを実感しないどころか、少々寒いくらいだ。
5・6kmと着実に通過し、左折、松田川に向かって走る。
前回参加から3年経っているが、

実際走ってみると

意外にコースを覚えていることに気づいた。


右折し、松田川沿いの道を走る。一面の菜の花がきれいだ。
ペースは自然と上がっていたのか、風向きが変わったのか、はたまた雨の影響か、
この辺りで掛けている眼鏡が曇り出して
ハンカチで拭きながら走り続けた。
もうすぐで9.7km、第3給水所というところで
15分後に出た10kmの部の先頭ランナーと思しき人に抜かれた。
時計を見てみた。48分台を指していた。
この第3給水所で初めての給水、スポーツドリンクをいただく。
10km通過が52分くらい、橋を渡り対岸へ渡る。

沿道の声援が賑やかなところだ。

太鼓の演奏もあったと思う。
時折沿道の声援に応えるように手を挙げるが、
肝心の走りの方は雨が降っているうえに、
ここにきて向かい風も吹いてきており、「寒い!」と感じていた。
1枚羽織らなかったこと、グローブをはめてなかったことをこの時は後悔した。
橋を渡ってからは川の上流に向かって走るので、

緩やかながらも上り基調、時折坂も登場する。

12.9km・第4給水所、次の給水所が2km先にあるのでここは通過、
さて、寒さが体に浸透していたのか、この前後でトイレに行きたくなっていた。
ロスタイムも考えて、並び具合や自分のペースなども確認しながら先を行くことに。
14.9km・第5給水所、ここでトイレに行き用を済ませた。先へ進む。
ほどなく15kmを通過した辺りで

「はなちゃん」発見、

コース上には折り返しがあるため、声を掛けられないことはないが、
並走はこの先難しいかもしれないと思い、
ここで「ご無沙汰です。」と声を掛けた。
4月から仕事の都合で関東地方に行かれるが、この大会には帰って来たい旨話していた。
互いの健闘を祈るように握手をさせていただき、はなちゃんが先行した。
それでも付いていけないこともないので、しばらくは後を付いていった。
同じことを考えている人が多いのか、この辺りはちょっと集団になってきた。

名付けて「はなちゃん集団」、

いや、「グループはなちゃん」の方が適切か。

それにしても「はなちゃん」人気はすごい。


給水所のスタッフでは黄色い声が飛んでおり、
さらに沿道からも盛んに声援が飛んでいた。
結局集団状態は18.4kmの第6給水所くらいまで続いた。
ここは給水に加えて、パン・チョコなどの軽食も置いてある食事エイドであり、
少し立ち止まって給水・給食をした。
普段でも甘いものは好きだが、走って疲れたなと思う時に甘い物は最高だ。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-04-02 22:10 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/17763570
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 宿毛花へんろマラソン2012 ... 宿毛花へんろマラソン2012 ... >>