「酔仙」の熱い思いに魅かれて

週末ボランティアに行った際、
帰りに食事をして帰る行程になっていたことから、
空いている店を探して入ったお店にて提灯を発見した。
その時は店で食事をして、帰り際に話をしつつ、
「ここの地元の銘酒のPRもしますんで、写真撮らせてください。」と
店の方の許可を得て、撮らせていただいた。
c0034228_23143892.jpg

その後帰ってきて、提灯に書かれてあった銘酒「酔仙」について
調べていたところ、醸造元である酔仙酒造のホームページを発見した。

酔仙酒造のホームページ(別ウインドウで開きます)

ホームページに目を通しているうちに、
1年前の震災からの経過、復活に懸ける熱い思いが掲載されており、
当初さっと調べて終わるつもりが、思わず隅々まで時間を掛けて見入ってしまった。
1年前の震災で工場が瓦礫の山と化し、「もう終わりか」と思ったところに、
鉄骨から突き出た酔仙の樽がぶら下がっているのを見て、
「ぜったいに復興する」という思いに変わったこと。
一関市の工場を間借りして再開し、商品出荷、
今年3月大船渡市の新工場の起工式にこぎつけたことまでが書かれており、
「どこまで強い意志を持っているんだ。」と深く感銘を受けた。
(一部ホームページから抜粋)

諦めない気持ちと行動力、
まさに「気力」が復興を後押ししているのだと思う。
さて、自分に置き換えてみて、どうだろう?
簡単に諦めてないか?途中で安易に妥協してないか?
現実を受け入れ、震災を乗り越えて明るい未来を切り拓いている人がいるのに、
何の成果も出そうとせずに、漫然と過ごしている場合ではないんだと改めて思った。

ちなみに写真を撮らせて頂いたこのお店、「じゅんこ姉」という名前なのだが、
酔仙とあわせて店について検索していたところ、
このお店も元々は陸前高田市の中心部で営業していたが、
被災して現在は仮設店舗での営業されているとのこと。
「酔仙」同様に、復興に向けて動き出そうとしている人々に出会えたことがうれしかった。

ボランティアに行ったのに、
何か現地の方々に逆に元気をもらったりしている機会の方が多かったと思う。

うん、思いを連ねて書いてみたものの、どうもうまくまとまらない。

記事の最後に、せめて銘酒・お店のPRをすべく、
このブログで励ましの言葉だけでも掛けさせて欲しい。

酔仙・じゅんこ姉、がんばっぺし!

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-03-15 23:36 | 雑感 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/17669144
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 今日のおじさん at 2012-03-16 23:32 x
明日、宿毛へ向けて出発いたします。
ゼッケン番号、ありがとうございました。
私のゼッケン、144であります。
当日の再会楽しみにしております。
Commented by kenjisum at 2012-03-17 10:23
お疲れ様です。宿毛、頑張って下さい。自己新、期待してますよ。
Commented by fujitaka_1 at 2012-03-18 22:25
今日のおじさんさん、書き込みありがとうございます。
今日はお疲れ様でした。
コース上でしたが、お会いできて良かったです。
声援ありがとうございました。おかげで苦しいところを乗り切れました。
Commented by fujitaka_1 at 2012-03-18 22:27
kenjisumさん、書き込みありがとうございます。
わずかではありますが、自己新更新です。
何とか走りきれましたが、最後は苦しい走りです。
フルは何度走っても奥が深いと改めて感じています。


<< いざ宿毛へ! 夕方の河川敷 >>