そうじゃ吉備路マラソン レポート(その4)

いつもに比べればかなり早い掲載ペースですが、
少し間隔が空いてしまったので、取り急ぎ文面だけ一気に掲載します。
写真は、また別記事で掲載します。

コースは住宅地から再び田園地帯へ、
時折未舗装の道もあったが、そう気になるものではなかった。
この辺りはそれまでの区間に比べると風の影響がほとんどなく、
比較的快調に走れていたというのもあるかもしれない。
確か五重塔を2回見るはずと思っていると、左手に五重塔が見えてきた。

2周目に入る。

この辺りは沿道の声援も賑やかだ。
オールスポーツだけではなく、カメラマンがたくさんいるところでもある。
五重塔前の給水所でバナナ・水分補給をした後、再び自転車道へ。
1周目に見た25kmの看板を再び通過した。
ここから少し走ったところにトイレがあるのは1周目の時に把握していて、
「そろそろ行っとこうかな~。」とか思っていたが、
まだ大丈夫そうなこと、思いのほか並んでいたこと、
ここで一旦止まり再び走り出した時に
今の勢いが持続できるかどうか不安だったので、先へ急ぐことにした。
岡山JCTの下辺りから北へ向かって走る。
30kmはもう少し先だが、

1周目に比べると

勢いがどうしても落ちているように感じた。


それでもまだ順調に走れていた方だと思う。
1周目にも経験した分岐を今度は2周目の方に、
曲がるところが少し違うが、すぐに前に走っていたところと合流する。
ここで30km地点を通過した。
ここを通過して程なくして、12時のサイレンが聞こえたと思う。
2時間45分経過、
ゴールまでの残りの距離と時間を計算すれば、
何とかサブ4いけるのではないかと思えてきた頃だったが、

まだまだ油断は出来ない。

かつての自己ベストである海部川風流マラソンや
初めて4時間1桁台を出した宿毛花へんろマラソンでも
33、34kmくらいまでは比較的順調に走れていたが、
その後ガクンとペースを落としたという経緯もあるからだ。
31kmくらいのところにあるエイド、
バナナを手に持ったスタッフの方が慌てて皮をむいで渡してくれた。
ありがとうございます、と応えていただく。1周目とは違う道を走る。

道をくぐる間のアップダウンが結構ある。

しばらくは平坦で同じような景色の道を走った後、
ここからどんな道かと思っていると、再び未舗装の道登場、

このマラソン、実にいろんなところを走る。

市内でフルのコースを取るのはかなり大変だということが伺えた。
この前後で愛媛マラソンのオレンジ色のTシャツを着ていた人としばし話をする。
ここから1、2kmはややアップダウンがあるような道だ。
浄化センター(?)付近の上りを見て、

「えっ、まだこんな上りが残っていたの?」

とテンションが下がりそうになったが、
皆が走っているのを見て、

「ここで負けるわけにはいかない。」

と思い、頑張って上る。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-03-05 21:42 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/17606860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< そうじゃ吉備路マラソン レポー... 座布団 >>