そうじゃ吉備路マラソン レポート(その2)

今日はおそらく今までの大会で一番慌しいスタート、
最初は3車線道路を走るが、左折すると少し狭い道に、
ゆっくりしたペースでしばらくは追い抜きとか出来そうにないかなと思いながら、
流れに乗るように走る。時折隙間を見つけてはペースを上げていた。
ハーフの部と分岐し(ハーフの部は15分前にスタートしていたが)右折、
少し広くなった道の右側を中心に走る。
道の空き具合を見ながら前のランナーを抜いていく。

おっと、自分よりまだペースの速そうな方が右側にいる。

そう気づいた時は左側へ寄って道を空ける。
自分同様スタートで焦られた方は相当いるように思った。
自分がなかなか抜けないと思っているのと同時に、自分もその集団の一人になっている。
自分のせいで抜けない人もいるかもしれない。

なるべく譲り合わないと、と思う。

話がちょっと逸れたが、
コースは清音地区にて左折を何回か繰り返して
ぐるりと1周したのかなと思ったところで第1給水所、5km地点と続いた。
距離表示は当面は5kmごとのようだ。
最初の給水ポイントは通過、次で取ろう。
道を右折し、東へ向かって走る。
田園の中の道、手作りの表示が素朴さがにじみ出ており、いい感じだ。
当面は近くを走るであろう五重塔を目指して行こう。
しばらく走ると上り坂登場!
平坦基調と聞いていたコースだったが、
まあたまには上り坂もあるよなと思いながら勢いつけて走っていると、

あら、緩やかながらも結構長いじゃん、この坂!

もう終わりかと思っていたところにもう一段あるような感じで、

下り坂に変わった時は正直ホッとした。

坂を下り、道の片側車線を走る。ここはまあまあ広い方だったと思う。
この辺りでキャラクター(名前は…わかりません!)と軽くハイタッチした。
しばらく走ると、道の下をくぐるような感じのところへ、
くぐって坂を上ると、自転車道に出た。
ここからしばらくは自転車道を走るようだ。
事前に聞いてはいたものの、

「これがあの自転車道か!」

と実際に走って納得!!
そして自分の中で当面の目標としていた備中国分寺の五重塔が左前方に見えてきた。

「まずはあの五重塔を通過するまで頑張ろう。」

と自分に言い聞かせる。

頑張って走っているものの、コース幅の関係でなかなか思うようにはいかない。
特に同じペースのランナーが並んで走っていると、抜くのがかなり困難になる。
うまくタイミングを見ながらの走りとなった。
五重塔前辺りで第2給水所、ここで初めて給水、スポーツドリンクをいただいた。
そしてバナナも取ったっけ。
塔の前を越えてアップダウンがあり、何か音がしていると思ったら計測マットがあった。
もう自転車道がそろそろ終わりかなと思っていると、再び自転車道へ。
しばらく走って10km地点の表示、

うん、正直もっと走っていると思っていたが、

まだまだ序盤だ。


まだ勢いは十分あった。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-03-01 00:40 | マラソン | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/17572613
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 今日のおじさん at 2012-03-01 22:13 x
そうそう、狭いんですよね~
案外、ストレスたまるんですが
これもまた、精神修行の一環でありますわ
Commented by fujitaka_1 at 2012-03-01 22:42
今日のおじさんさん、書き込みありがとうございます。
最初の頃は
まあ、だんだんと走れるようになるだろうと思いながら、
抜くチャンスを伺ってました。
宿毛では、今日のおじさんさんの走りに期待しています!


<< そうじゃ吉備路マラソン レポー... 居酒屋 >>