四万十川 川下り

最後の清流と言われる四万十川
見たり、沈下橋を渡ったりしたことは何度かあるが、
屋形船での川下りは初めての体験である。
屋形船
一般的に夏のイメージが強く、
冬は吹きっさらしになるんでは?と心配していたが、
窓が付いていた。
c0034228_2251719.jpg

四万十川に架かる沈下橋
このような橋が20余りあるのだとか。
c0034228_2252566.jpg

川の流れも緩やかでという印象だが、
雨で増水した時などは激しい流れになったり、
増水が橋を越えて、上の道路付近まで来ることもあるのだとか。
c0034228_2253217.jpg

底が見える。清流たるゆえんである。
約50分、清流や自然をしっかり堪能することが出来た。
c0034228_2253973.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-01-28 22:05 | 風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/17365777
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< プチは24種類(その1) 四万十市内 >>