加古川マラソン レポート(その2)

走り出しは団子状態、そのうち抜けれるだろうとぼちぼち走る。
時計は今までほとんど見ていなかったが、今回はまめに見ることに、
スタートしてしばらくしてマラソン写真でおなじみの
オールスポーツの写真撮影場所を通過、
公認コースとあって1kmごとに表示があるのだが、

最初の1kmが例によってなかなか見えてこない。

もう見えてこないとおかしいと思っているとkm表示、
時計を見てみる。スタート地点を通過してから6分、
次はもう少しペース上げていこうと走り続ける。
2km、再び時計を見ると12分が経とうとしているくらい、

ありゃ、あんまりペース変わってないじゃん!

こりゃこのままではいかん!と思い、
少しジグザグになりながらも前を抜きながら走る。
給水所があったが通過、序盤はまだ寄らなくてもいいや、
コースの性格上、沿道の声援はほとんどなかったが、時折橋の上からの声援があった。
5km通過、関門地点ということもあり時計付き、40分50秒、
登録の部を基準にしてるので10分引けばよいのだが、
それでも30分、キロ6分ペースだ。
次の5kmは今以上に上げていかなければならない。
景色が単調なせいか、もう4度目の参加でコースを知っているせいか、

1kmがやけに長く感じる。

6kmを通過、6分台から5分台へ少しペースを上げる。
この辺りから加古川大堰が見えてきた。
大堰が見えると、加古川マラソンを走っているなあという気になる。
しばらく走ると折り返しのランナーとすれ違い始める。
折り返してくるランナーはサブ3、3時間台前半狙いとあって、
かなり速いスピードで来ていた。上の方には大堰を渡っているランナーも見える。
この辺りの給水所で初めて給水した。

今のところは、3つに1回くらいで何とかいけそうだ。

大堰の下をくぐり、8km、9kmと通過し、10kmの折り返し点を通過した。
最初の5kmに比べると速いペース、53~54分ペース、1時間は切れていた。
折り返してからも順調にスピードを維持して走る。
11km過ぎでもうすぐ渡る大堰が再び見えてきた。
給水はまだ1回しかしてないのに、
気温が低く汗をほとんどかいてないからか、
この辺で早くもトイレに行きたくなりだした。
しかしトイレはこの先対岸に渡ったところに結構あり、
そこまでは我慢できそうだったので、あまり気にせず走る。
12.5km過ぎ、大堰を渡る、
このマラソンで2回ある内の1回目の坂を上り、堰の上を走る。
堰を渡り、対岸に渡って坂を下ったところで14km、

3分の1が終わろうとしていた。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-01-09 20:54 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/17298200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 加古川マラソン レポート(その3) 加古川マラソン レポート(その1) >>