福知山マラソン レポート(その4)

20km、中間点とを立て続けに通過、中間点で2時間をだいぶん超えている、
当然のことながら、このままでは記録更新はおぼつかない。

このままではいけない。

この辺りで道路他の標識に大江町、大江山とあるのが確認できた。
大江山?ん?どっかで出てきた、
そうそう、高校の時の古典の時間に出てきたんだっけ?
懐かしいねえ。

でも内容は、どんな話だったっけ?

さっぱり忘れました!ごめんなさい。


とにかく今こうして大江山ゆかりの地を今走っている。
この辺りで地元から一緒に参加の人ともすれ違い、励まし合った。
後で考えれば

あんなに大人数の中でよくわかったなと思う。

そして22.5km地点のエイド以降は、エイドごとに給水はするようにした。
だんだん反対車線を走るランナーの数が増えてきた。
折り返し地点は25km手前、もうすぐだ。
小刻みなアップダウンをこなし、右手に私設エイドを見ながらしばらく走ると、
折り返し点が見え、通過した。
中間点は過ぎてはいるが、

レースはここから後半戦といったところだろうか?

私設エイドでは、おしるこ、お茶、おにぎりなど
公式エイドではない食べ物などがあり、少しずついただいた。

特におしるこの甘さに元気をいただいた。

先を急ぐ。車線の左側はだんだんと歩くランナーが増えてきていたが、
それまで抑えて、というか、
ゆっくり走ってしまった反動もあって、折り返しを過ぎてから勢いづいていた。
30km通過、ちょうど3時間くらい、今までよりは速いペース、
前後にアップダウンがあったにもかかわらず、
少しではあるがペースを上げられていた。

関門のところにある時計を見ると、

自然とスピードが上がるのは自分だけではないはずである。


ここからは抜かれるよりも抜く方が多くなっていた。
基本的にはもう来た道を帰るというコース、
あの辺にアップダウンがあって、この辺に給水所があって…等は
行きに見て大体把握していた。
しばらく走ると、由良川の堤防下に出るが、

ここでまあまあ強い向かい風が出てきた。

かつての加古川のラストのようなすごい風ではないものの、
なかなかきつく、行く手を阻む感じだ。
でも

前半抑えていたのだから、

ここで負けるわけにはいかない。


ペースを落とさずに逆に上げるくらいでないと、
との気持ちを持って走っていた。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2011-11-29 22:45 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/17150320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 福知山マラソン レポート(その5) 福知山マラソン レポート(その3) >>