福知山マラソン レポート(その1)

※比較的早くに記事にしようと思いつつ、やっぱり遅くなってしまいました。
写真等は、後で記事に挿入するか、別途記事にして出したいと思います。

何やかんやで大会にはぼちぼち出ているものの、
フルマラソンに限って言えば、2月の愛媛マラソン以来の2回目、
ウルトラやハーフとはまた違った苦しさ、
そして走り応えのあるフルマラソンは、
まずは、「完走出来るだろうか?」という不安がある。
距離だけで言えば、ハーフマラソンの倍ではあるが、

単純にハーフの2倍とは言えない。

でもここまで結構走り込んでいるし、
まあ何とかなるだろうという楽観した気持ちもある。
そんな2つの思いを交錯させながら大会前日の夜は過ぎていった。

当日、朝3時半に起床、4時に自宅出発、
今回は一緒に大会に出られる方の車に乗せて行って頂く。
松山~高松~瀬戸中央~山陽~播但道をひた走り、
途中のサービスエリアで
前もってコンビニで買っておいたおにぎりなどを食べ、大会に備える。
播但道和田山ICから国道9号線を東進し、
福知山市内に入ると、急に辺り一面霧が立ち込めていた。
そして気温は3度とか4度、

「寒っ!」「手袋持って来てないなあ。大丈夫かなあ。」

なんて話をしていた。
会場に近づくに連れて少し混雑してきたが、
8時20分頃、河川敷の駐車場に到着した。
駐車場から会場までは結構な距離があると聞いていたが、
なるほど上り坂をまあまあ歩かないといけない。
ウォーミングアップがてらゆっくり上る。
会場に到着し、受付を済ませ、諸準備のためにアリーナへ、

ここがとにかくすごい人・人・人だった。

1階の混雑ぶりに半ば呆然とし、
ちょっとましかなと思える2階に上がってもとにかく人ですごかった。
ここといえるところも空いてなく、
通路の適当なところでゼッケン取り付け、着替えをした。
ここで9時過ぎ、その後、貴重品を預け会場に出るべく人の波にもまれていたが、
あまりの人の多さになかなかアリーナから出られない始末。

こりゃほんまにすごい人や!

アリーナから出られたのは9時半頃、
そしてトイレに行こうとふと見ると、これまたすごい列!早めに並んでおく。
待っている間に準備運動、
ある程度は待ったが、
空いているところをすばやく案内してくれる係の人もいて、

大会運営に慣れている感じがした。

何とかトイレを済ませて少し時間が経った頃に、
「もうすぐスタートに向けて各ブロックの間隔を詰めるので、ゲートを閉鎖します。」
とのアナウンス。
慌てて自分のブロックのゲートを探し、何とか入ることが出来た。
ここでスタート10分前、Fブロックの後の方、
並んだ時にはどこがスタートかわからないくらいだったが、
間隔を詰め、少し前に歩くと、スタートのゲートが見えた。
でもそこに行くのにどれくらい時間が掛かるだろう?
あ、トイレのことばかり気にしていたのと混雑で、

日焼け止め塗るのを忘れた、

あとサングラスも持ってきてないや、


まあ曇りなので何とかなるだろう。
今日は走れる時に自分のペースで走れればいいかなと思っていると、
10時30分、遥か向こうでスタートの合図がし、狼煙が上がった。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2011-11-28 23:38 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/17146813
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 福知山マラソン レポート(その2) ひだか茂平マラソン(速報) >>