さめうらの郷湖畔マラソン レポート(その2)

スタート地点付近にて
c0034228_22395629.jpg

スタートして坂を下り、県道へ。
しばらくは湖畔を右手に見ながら、アップダウンがほとんどない平坦基調の道をひた走る。
11kmとあって、ランナーも全体的にスピードが上がっている。
スタート直後は固まっていたランナーの集団もだんだんバラけてきた。
少し前の方にいるランナーを目標にスピードを上げる。
しばらく走ると1kmの距離表示、距離表示は1kmごとにあるようだ。
走っていると右手向こうにこれから渡るであろう上吉野川橋が見えてきた。
見た感じでは

「もうすぐ渡るのかな?

いや、あの橋の前後でコースは半分というのも聞いていたし、

ん?どうなんだ?」


と少々戸惑いながら走っていた。
スピードを上げているにもかかわらず、
見えてきそうな2km、3kmの距離表示がなかなか見えてこない。
ウルトラやフルならまだしも、

「今日は自分の中ではかなり速いペースなんだけど。」

と思いながら一歩ずつ前へ。
山間のコースとあって、直線はほとんどなく、くねくねと曲がりながら、
そしてこの辺りでは時折下っているところもあった。
走れるところではとことん走り、前のランナーを抜く、
そんなスタイルで上吉野川橋を渡り、対岸に向かう。
橋を渡ったところで給水所、水をいただいて先へ行く。
ふと横を見ると、

お~っ、上ってます上ってます、

前々から聞いていた後半のアップダウンが早速始まっていた。
上りということで

どうしても落としたくなるスピード、

いや、

今日は距離が短いのでこんな上りくらいは勢いで、

という2つの気持ちが交錯する。
少し自然にスピードは落ちたが、上り坂もそんなに長い距離ではないので、勢いで上りきれた。
上った後は下り坂、勢いを付けて下る。
5km、6km、気がつけば半分通過していた。
もうあと30分もすればゴールしている。
山間の道とあってカーブが多い、
そしてこの辺りになると周りに見るランナーもほぼ同じくらいのペースだ。
7kmくらいだったろうか、右手奥にゴールの堰堤が見えたような気がした。

「ん?もうゴール?ちょっと早いなあ。」

と思ったが、コースはくねくね曲がっているので、
近そうに見えても走る距離はまだまだある。
ところで、走っていて何だか下りが多い。

「さっきからずっと下ってばっかりじゃないか?」

村岡で上りに対する免疫が出来て、
いや、少しは坂に慣れていて知らない間に緩やかな上り坂を上っていた
というのはあるかもしれないが、

「アップダウンが多いと言うのなら、

もう少し上りが出てくるはずじゃないか?

もしかして最後の最後にすごい上り坂でもあるのだろうか?」


と不安になる。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2011-11-19 23:54 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/17113526
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< さめうらの郷湖畔マラソン レポ... さめうらの郷湖畔マラソン レポ... >>