さめうらの郷湖畔マラソン レポート(その1)

※比較的早くに記事にしようと思いつつ、やっぱり遅くなってしまいました。
写真等は、後で記事に挿入するか、別途記事にして出したいと思います。

朝6時過ぎ起床、身支度をして7時過ぎに自宅を出発。
隣の高知県北部での開催で最寄りのICまで1時間掛からないとあって、
ゆっくりめの出発。高速を快調に走る。
一方空はどんよりとした雲、今日は確か天気が良くなると言っていたはずなのに、
なんて思っていたら途中高知道に入る手前辺りで雨が降り出した。

「えっ!まさかの雨の中での大会か??」

なんて思っていたら、しばらくして雨はやんで、ほっとした。
大豊ICで高速を下り、国道439号線を西へと走る。
途中何箇所かで看板が出ていた。
何だか汗見川清流マラソンと同じ感じだなあと思っていたら、
駐車場が汗見川と同じ早明浦ダムの下だった。
駐車場
c0034228_22365677.jpg

案内図で何か似たようなところだなあと思っていたが、まさか同じところが駐車場とは…。
初めての参加なのに、

何だか「帰ってきた」ような気分になった。

駐車場から会場までは主催者のバスで移動、
ピストン運行しているようで、スムーズな移動だった。
受付を済ませ、ダム管理所のような建物の2階に用意された更衣室で
ゼッケン取り付けなどの諸準備をする。
湖畔の様子
c0034228_22372110.jpg

c0034228_22373386.jpg

準備を終え再び会場に行くと、開会式が始まっていた。
大会長さんのお話、「私は話が長いんで…」から始まり、
まあこれから話される人もたくさんいるんだし、
そんなに長くはならないだろう、と思っていたら

まあまあ長かった。(笑)

でも話の内容は、町のPR、今年の出来事など思いのたっぷり詰まった話だった。
開会式の様子
c0034228_2238258.jpg

来賓紹介の後は、町長さんのお話、
「大会長さんが全部話してくれたので、もう話すことは無いくらい…」に始まったものの、

こちらも大会長さんに負けじと熱心に話をされていた。

その後は連続出場表彰があり、
最後に何があるのかと思いきや、「それでは鏡開きを行います。」

「えっ!開会式で鏡開きなんてあるの!」

と思っていると、土佐町の銘酒「桂月」の鏡開きが行われた。
c0034228_22384258.jpg

ローカルのほのぼのとした雰囲気がにじみ出ていた。
ちなみにこのお酒は後で振舞われたらしい。
ここまで運転してきているので、残念ながら味わえなかったが、参加賞にも入っていた。

開会式の後、会場内をうろうろしていると、タボさんとチワママちゃんさん発見!
9月の村岡ダブルフル以来である。
今日はイーブンペースで走ることを目標としているとか。
お互いの近況報告と今日の健闘を誓い合った。まだ時間がある。
ふと見ると堰堤をアップがてら走っている人が多い。
スタート地点のダム堰堤からコースを反対にしばらく走ってみる。
堰堤を越えると上り坂、本番は下って帰るのだが、

コースのアップダウンを予感させるものであった。

その後は会場の写真を撮ったりしながら散策、
スタート10分前、そろそろスタート地点の堰堤に並ぶことにする。
比較的前方に位置取る、と言っても11kmの参加者は全部でも400人足らず、
今日はそんなにロスタイムも気にしなくて良いようだ。
距離が短いだけにスピードが求められそうだが、
行ける限りは飛ばしていこうと思っていると、スタートの号砲が鳴った。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2011-11-19 23:53 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/17113522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< さめうらの郷湖畔マラソン レポ... 今日は木曜ラン >>