久万高原マラソン レポート(その2)

グラウンドを1周して、グラウンド東側の坂を上がった後は、下りが続く。
周りのランナーもスピードを上げて走っていた。
周りの流れに乗るように走るが、
ここで飛ばし過ぎて後で失速したのでは元も子もないので、

自分のペースを維持しようと注意していた。

この大会は1kmごとに表示がある。
2km地点を通過するところで、狼煙の音、10kmランナーの部がスタートしたようだ。
ここでスタートしてから10分、キロ5分のペースで来ていた。
普段の走りより速いが行けなくもない感じなので、頑張ってみる。
大宝寺からの道を下り、商店街に入る。
最初固まっていたランナーが少しずつバラけてきた。
前を走るランナーの中で、目立った格好をしている人をペースメーカーにさせていただき、
置いていかれないように走る。
序盤ということもあって、ペースは維持できていた。
4km地点の給水所で最初の給水、スポーツドリンクをいただいた。
商店街を抜けると山間の道に入り、上り基調になる。
特に5~6km過ぎまではこのコース一番の上り坂が続くところ、

まずはここを走りきることが課題だ。

上りということもあって自然とスピードも落ちてくるが、

「苦しいのは皆一緒」

「あと1km走りきれば下りが待っている」


と言い聞かせながら走る。
昨年は参加できなかったものの、3度目の出場ということもあり、
コースを把握していてkm表示の大体の場所は頭に入っていた。
6km地点を通過、ペースメーカーとなる人を変えながら前のランナーを抜いていく。
スピードダウンしたものの、何とか坂を上りきり、
下りに変わったところでスピードを上げる。
7km地点付近で給水所があったが、
今日は雨模様であるのと気温もそんなに高くないことから、
ここで取らなくてもいけそうだったのでここは通過した。
次の折り返し手前での給水で大丈夫だろう。
下りから平坦な道がしばらく続く。大体2kmくらいかな。山間の道を黙々と走る。
9km付近では毎年何人か集まって応援してくれている。

ここでの応援の規模が年々大きくなっているように感じるのは、

私だけではないはずである。


ここからの1kmは少し上り坂だ。
少し前辺りでトップのランナーとすれ違ってから、
だんだんと折り返してくるランナーが増えてきた。
皆速いな~と思いながら先を行く。
10km地点付近で給水所、ここでもスポーツドリンクをいただく。
農協の支所のある辺りが折り返し地点、
沿道の声援を受けながら折り返しのコーンを回り、来た道を帰る。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2011-11-03 23:19 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/17051765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 久万高原マラソン レポート(その3) 「太養軒」復活か!? >>