室戸岬健康マラソン レポート(その1)

※今回は珍しく(?)早めに書きます。
写真等は、後で記事に挿入するか、別途記事にして出したいと思います。

四国内マラソン大会制覇!の目標を達成するため、
そして平坦で記録が狙いやすいという情報を入手していたこともあり、申し込みをした。

当日、朝5時半起床、
前日には、明日は6時には出発できるよう目覚ましをセットしておき、
当日となり5時半に一度起きたものの、
「あと5分、10分」と再び寝てしまい、気が付くと6時過ぎ、

おっとやばい!

今日は近場ではなく遠出しないといけないんだ。


慌てて身支度をして、6時半に自宅を出発、
高速で南国ICまで、そこから国道32号線、55号線をひた走る。
途中香南市の道の駅「やす」の前後で少々の渋滞にはまる。
帰りもやや混雑していたが、この区間は混んでいることが多い。
何とか渋滞を抜け、芸西村のコンビニに寄った後、一路室戸へ。
それにしても以前に何度も車で走ったことはあったので、
遠いことはわかっているつもりだったが、

久々の室戸岬はやっぱり遠かった。

隣の奈半利町、室戸市にやっとこさ入って岬らしきものが見えていても
会場になかなか辿り着かない。
室戸岬はドライブで何度も訪れているが、
今回の受付・スタート地点の海の駅「とろむ」は実は初めて、
岬からどのくらいのところにあるんだろう。
道の駅「キラメッセ室戸」を越え、中心部に入ったところで、
ようやく会場案内の看板が。

かなり岬寄りだということがわかった。

この時点で受付時間を超えている。

ありゃ~急がないと!

ん?前を走る車も帽子姿から察してランナーか、前に付いて行く。
こうして9時を少し過ぎて会場到着。
遅れて入ってくる車はほとんどなかった。(当たり前か…。)

開会式をしている横で慌てて受付を済ませて、諸準備。
荷物預かり所の場所が変更になっており、係の人に教えていただいて、何とか間に合う。
トイレも済ませ、ちょろっと走ってスタート地点へ。

地元のほのぼのとした雰囲気が強い感じだ。

コースは事前に聞いたりして情報収集したところでは、
ほぼ平坦、記録も狙えるとのこと、
ただ最初は少し狭いところを走るようで、混雑が予想される。

自己記録更新を狙っていきたいところだ。

10時にハーフ、10kmの部がスタート、約500人くらいが一斉にスタートする。

スタートして、緩やかな坂を上り、国道55号線へ出る。
国道55号線はある程度の区間まで片側1車線を走れるようになっていた。
交通規制の関係からか、地元警察の方も出ておられ、
大会運営に多くの方が関わっていることを実感する。
周りはランナーで混雑、流れに乗りつつも、
少しずつ前を行くランナーを抜きながら走る。
高知のマラソン大会ではおなじみ、元防衛庁長官の中谷元議員も走られている。
今日は天気が良い。
南国高知だからというわけではないと思うが、
日差しも強く、まだそんなに走ってないはずなのに既に大汗をかいていた。
国道55号線は通行規制までは敷いてなかったため、反対車線を時々車が走っている。
コース沿いには、観光名所などもあるし、車が通行できないというのは難しいと思う。
さて、ここまでどのくらい走っただろう。
混雑に気をとられて、距離表示を意識してなかった。

「ん?もしかして距離表示が無いのか?」

と思うと、2kmの表示を発見、
しばらくして給水所があったが、
ランナーで混雑していたからか、少し待って水をいただいた。
3km手前辺りで岬でおなじみの風景、中岡慎太郎像を通過、
ここにも給水所はあったが、ここは通過した。
先日世界ジオパークに認定されたからか、ジオパークの幟があちこちに立てられていた。
この頃になると、少しは自分のペースで走れるようになり、
走り慣れてきたこともあって、
ウォーミングアップの状態から少しスピードを上げた。
4kmの手前で10kmの部の先頭ランナーが折り返してきた。

「ん?反対車線を走っている。合っているのか??」

片側車線をランナー専用というわけではなく、ランナーは各車線の左側を走るようだ。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2011-10-18 22:52 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/16989186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< いつかは完走証を! 新居浜太鼓祭り~一宮神社(その2) >>