今治シティマラソン レポート(その2)

(参考)今治シティマラソン レポート(その1)(2011年10月14日)

折り返してから二回右折しながら、今まで走ってきたところを再び走るようになるのだが、

「さて、どこまで折り返すのだろう?」

と気になっていた。平坦な道がずっと続く。
折り返ポイントがなかなか見えないなあと思いながら
少しアップダウンのある橋を越えると、やっと見えてきた。
3km表示のあった地点くらいのところだったと思う。
輪ゴムを入れる折り返し地点が、fujitaka_1の推測だと大体5.5kmくらいのとこと見て、
2.5×2=5kmの区間を3回折り返している感じと思われる。
と言うことは、

ハーフのコースのほぼ4分の3がこの折り返しなのか!!

ということになる。
折り返し2回目に入る。
そろそろ速いランナーは3回目の折り返しに入り、抜かれるのではと思っていたところに、
先導のバイクとともにアナウンスが、
先頭が通過しますので、左に寄ってくださいとのこと。
しばらくして勢いある先頭ランナーが右側を通過していった。
折り返し区間は折り返し回数の異なるランナーで混雑するのではと不安になったが、
ランナー自体がそんなに多い人数ではないことと、
折り返し区間が長いため、心配するほどではなかった。
あくまでこの時点では…。
2回目の折り返し地点を通過、2個目の輪ゴムを箱に入れる。

折り返しが3回ある影響か、距離表示が10kmにしか対応しておらず、
今どの辺りを走っているのか、見当がつかなかった。
表示の仕方が難しいかもしれないが、出来なくはなさそうな気もする。
あと、この折り返し区間中に、車がコース上に入ってきて中央部を走っていた。
両側にランナーがいる中で危険なのではと感じた。
人数が少なくなり、通行にさほど支障が無い時ならまだしも、
多くのランナーがいる時には規制をしっかり敷いておく必要があると思った。
さて、2回目の折り返しも終わり、
やっと3回目の折り返しに入ろうとする頃、
前を見ると

ものすごい速さで前方から走ってくる集団が…、

そう10kmの部のランナーである。
10kmの部のスタートは10時30分、
どこかでは10kmの部のランナーと一緒になると思っていたが、

ついにやって来た。

折り返しのコーンを回ると、もう道一杯になるくらいコース上にランナーが。
10kmのランナーは速いペースでどんどん抜かれた。

自分より遥かに勢いがあった。

ペースが乱れそうになったが、自分のペースを何とか維持できた。
10kmの折り返し点を過ぎると、ランナーの数がぐっと減ったように感じた。
3個目、最後の輪ゴムを箱に入れ、後はゴールに向かって走るのみである。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2011-10-17 23:57 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/16985680
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 今治シティマラソン レポート(... 愛媛マラソン、抽選に外れる! >>