村岡ダブルフルウルトラランニング レポート(その2)

スタートしてしばらくは村岡商店街を走る。商店街の両側の提灯がきれいだった。
序盤ということもあり、ほとんど前を抜くことなく、
人の流れに任せるように抑えて走っていた。
そしてこんな朝早くから地域の人が応援してくれている。
「いってらっしゃい!」「頑張って!」との声援、

町全体で大会を盛り上げているのがわかった。

声援とそれに応えるランナーの声や足音で、辺りはは賑わっていた。
商店街を走った後は、スタート地点に帰ってきて、
スタートのゲートを再びくぐったあと、山へ向かう。
と言ってもこの辺りはまだ平坦で走る分には全然問題ない。田園地帯の中の道を走る。
スタート時はまだ暗かったが、だんだん夜が明けてきている。
山間の町とあってところどころで朝もやがかかっていた。
ふと右を見ると川を挟んで反対方向にランナーが走っていた。
「ああ、次はあそこを走るんだな。」、と予想が付く。
しばらく走ると2度右折し、反対方向に走る。
後ろのランナーはかなり少ないが、これからの走りようでどんどん順位は変わっていく、
いや、順位云々以前に、
自分の中ではまあまあの感じで走れていたので、全然気にしてなかった。
5km地点通過、明るくなってきたこともあり、時計を見てみる。
5時33分、最初にしては悪くないどころか、少し速いくらいだ。
周りのランナーからもそんな声が聞こえてきた。
間もなく5.3km、最初のエイドである光陽エイドに到着した。
スポーツドリンクと飴をいただき、再び走り出す。
左手に村岡高校が見える辺りから少しずつ上っている。
さあ、いよいよ上り坂、7km、8km、

おいおい、序盤から結構上っているじゃないかい??

まだ走れる坂ではあるが、想像以上に長く続く上り坂。
村岡といえば、蘇武岳の上りが有名で、
他の人の記録などを見てもそのことには触れているが、
序盤のことはあまり触れられてない。
そして、9kmか10kmか忘れたが、ふと前を見ると、
「わっ!見てしまった!」という感じの光景、

遥か上をランナーが上っているのが見えた。

あそこまで上るのかと思うと、ちょっと萎えかけたが、この先はこんなもんではなかった。
10km地点通過、時計を見てみる。1時間10分くらい、序盤にしては良いペースだ。
普段の大会で、「これはきつい坂やなあ。」と思う坂がバンバン出てくる。
10km前後の坂にもきつい坂があった。歩いているランナーもたくさんいた。
しばらく走り、10.7kmの水車小屋エイドに到着。
ここでトイレに並んだこともあって、少し時間ロス。
この手前で熊よけの鈴をもらい、腕につけて走った。
序盤でもあるし、涼しいしそんなに汗はかかないだろうと思いきや、もうたくさんかいていた。
ここから2~3km先まで上り坂が続くが、ゆっくりではあるものの、何とか走りきった。
河童の格好をしたランナーに何人か出会った。
上り坂が終わると、今度は下り、スピードが上がる。
13.9km、兎和野エイド、ん?何か焼いている?
ピザに魅かれたが、まだ食べたいという気にならなかったので、
飲み物だけいただいて先へ急ぐ。
ちなみに、ピザのエイドはここだったっかな?
上りの勾配もきつければ、下りもなかなかの急勾配、
おそらく2kmくらいだったが、少し勢いづいた。
この辺りで日差しも出てきたこともあり、サングラスを装着、再び上りに入る。
ちょっとした下りもあったが、先を見ながら

「ほんま上り下りだらけやな。」

と早くも感じていた。
18.5km、高坂口のエイド、プリンがあったかな。
そうそう、村岡のエイドの特徴として、ヤクルトが結構な数のエイドに置いてあった。

このヤクルトに元気をいただいた。

高坂口を過ぎてしばらくすると88kmコースの折り返しがあり、
しばし100kmコースの単独区間に。
20km過ぎからハチ北の旅館街を抜ける長く急な下り坂区間だ。
プログラムの高低図によれば、5kmくらいで250m下る感じだ。
今までのロスを少しでも取り返すべく、思い切り走りたいような坂ではあるが、
ここで飛ばしすぎて膝をやられてもまだ先は長いので、
少し抑えつつもコンスタントに走るようにした。
今まで出た大会の中では、酸欠マラソンのラストに近いような坂もあるが、
それ以上の勾配の坂もある。
軽く膝にきたような感じだったが、まだ全体の4分の1くらい、走れないことは無い。
途中旅館街を走り抜けていると、
声援を送ってくださっている人とともに、自分のゼッケン・名前を書いた紙に気づく。
少しスピードを緩めて、
「あ、私が○○です。」と自己紹介。
声援の人も走り去る私に「○○さ~ん、頑張って!」と声援を送っていただいた。
昨日泊まった旅館の方だろうか?いずれにしろ、本当にありがたい声援だった。
[PR]
by fujitaka_1 | 2011-10-02 00:12 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/16921433
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 村岡ダブルフルウルトラランニン... 村岡ダブルフルウルトラランニン... >>