汗見川清流マラソン レポート(その3)

11km地点の給水所で給水・スポンジを取りながら、
今までのロスを取り返すべく、スピードを上げて走る。
しかし、皆同じ条件、ほとんどのランナーさんがペースを上げており、

なかなか前を抜くことは出来ない。

それどころか、時には後ろから抜かれることもあるくらいだ。
行きに「○km」とあった表示は、帰りは「あと○km」の表示になる。
下り坂では自然とスピードが出ていたが、
少し傾斜が緩くなったり、あるいはたまにある上りになるとスピードが思うように出ない。
あと5kmのポイントを通過、給水所では水分補給に加えて、塩飴を取った。
だんだんとお腹が空いてきた頃だったので、「走る力」になった。
あと5kmとなった辺りから平坦な道の割合が増えてきて、
苦しい走り、それでも「もうすぐゴールだから」と自分に言い聞かせるように走った。

疲れているのは皆同じだ。

あと3kmのところで最後の給水所、水を取り、頭から少し水をかぶって走り出す。
見慣れた景色がそろそろ見えてきたが、
この辺り似たようなカーブがあり、自分の感覚だけでは当てにならない。
「もうすぐであと1kmやでー!」との声援、
最後はラストスパートまではいかないまでもスピードを上げないと、と思っており、
前のランナーを抜きながら走る。

そういや、歩いているランナーをほとんど見なかった。

皆スピードを落としてでも着実に走っていた。
そりゃそうだ、こんな暑い時期のハーフマラソンに出ようという人達なんだから、
普段から走り込んでいるはずだ。自分ももっと頑張らないといけない。
右手に着替えをした学校の体育館や校舎が見えてきて、
「帰ってきた」という気持ちになった。
最後はゲートをくぐってゴール!暑い中を何とか走りきることが出来た。

ゴール後は、サービスのスポーツドリンクや冷えたトマトをいただいた。
会場の様子
c0034228_0114297.jpg

汗をたっぷりかいて熱くなった体に染み入るように美味しかった。
その後預けていた荷物を受け取り、完走証を取りに行った。
記録は1時間58分50秒、
大会前にあまり走れていなかった昨年に比べると記録は更新されていたものの、
中盤のペースダウンが響き、思うように更新は出来なかった。
同じ条件のもとで、他のランナーさんが好記録を出していることを考えると、
まだまだ伸びしろがあるというか、自分に甘いのだと思う。
この伸びしろを埋めていく努力をしないといけない。
完走証を受け取った後は、
とにかく汗やら途中でかけた水などで上下ウェアが濡れていたので、
着替えをして帰途についた。

とにかく暑い中だったが、走りきった。この走りを次につなげていきたい。

おまけ
帰りに寄ったうどん屋「武蔵」
天ぷら50円にびっくり!
c0034228_0122962.jpg

※長文ご覧いただき、ありがとうございました。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2011-08-19 00:06 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/16743604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 新居浜検定(中級)の結果 汗見川清流マラソン レポート(... >>