オリーブマラソン ポイント紹介(昨年のレポートから)(その1)

2010年5月23日(日)
朝5時半過ぎに地元を出発、今日は同じ職場の人の運転する車に乗り合わせて行く。
高速を走り、7時前に高松港近くの駐車場に到着。
駐車場近くの桟橋からマラソン参加者専用の臨時船が出港しようとしていたところだった。
この臨時船には申し込みをしていなかったため、港まで歩いていき、
一番便数の多い土庄港行きのフェリーの乗船券を購入、乗船する。
乗船している間に雨が激しくなりだした。

「これは雨のマラソンか…。」

どうも昨年後半辺りからマラソンは雨が多い。
昨年後半(←ちなみに今となっては一昨年からの大会を振り返ってみると、
ひだか茂平マラソンはかろうじて雨の降る直前にゴールしたが、
加古川マラソンは途中雨が降り出し、愛媛マラソンは終始雨模様、
そして今回のマラソンである。

こうしてfujitaka_1の「雨男疑惑」が浮上してしまった。

このままでは「雨男」になってしまうじゃないか、やばいと思うが、
天気ばかりは仕方がない。7時20分高松港出港、
フェリーの中では売店でうどんを買って食べた。ランナーが多いからか、よく売れていた。
雑談しながらだと1時間の船旅はあっという間だった。
行きの船にて
c0034228_23142921.jpg

雨がだんだん激しくなってきている模様、1時間で土庄港に到着、
ここからバスに乗るのだが、肝心のバスが待てど来ない。

最初の頃は「まあまだ時間もあるし、そのうちどんどん来ますよ。」と
話しながら余裕をかましていたが、
バスが来ても行列を解消できるほどではなく、

次第に「間に合うのか?」と本気で心配するようになってきた。

待っている場所はバスターミナルの前で、
そこのバスをどんどん出せば間に合うのに…なんて思っていたが、とにかく来ない。
「こりゃ他の港にしとけば良かったのか?」とも考えた。
「もうギリギリ」と思っていたところでようやくバスがやってきて乗車、
この時点でスタート1時間前を切っていた。ここから30分くらいかかるような感じ、

準備していたらもうスタートじゃないか。

途中の渋滞はなかったものの、
会場に到着したのは9時半、予想は的中した。
雨の中、受付を済ませ準備する場所を探すもこの雨の中、どこもかしこも一杯である。
受付奥のちょっとした空きスペースに荷物を置き、
ゼッケンなどを取り付け、近くの公民館でトイレを済ませると、

もうスタート10分前になろうとしていた。

ここで偶然地元の知り合いに会い、激励を受けた。
それにしても雨、雨…。水溜りに足が入り、
スタート前から靴の中までびしょ濡れである。
前回は曇り・雨の予報から一転、カンカン照りだったのに、
この差は何なんだと思いながらスタートを待つ。
10時、スタートの号砲で一斉にスタート、雨の中を走り出す。

<ポイント>
スタートは余裕を持って!!
小豆島への船便は、土庄港行きが一番多いが、バスの頻度は少ないかも。
もしかしたら今年は改善されているかもしれません。

→ちなみにfujitaka_1は、今年は大会会場直通の臨時船を申し込みました。
 3度目の参加にして初めての臨時船、実は少し楽しみでもあります。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2011-05-10 23:01 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/16311195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< オリーブマラソン ポイント紹介... オリーブマラソン ポイント紹介... >>