愛媛マラソン レポート(その7)

この辺りになると、周りのランナーもペースが落ちている。歩いているランナーも結構いる。
中盤、第2折り返しのところで先を走っていた、
見たことのあるランナーに追いつき声を掛けた。
自分ももう早歩き、いや、歩いた方が速いんではないかというような走りになっていた。
やっと坂の頂上に到着、
ここから坂を下ってバイパス区間が終わると、あと5kmの看板が見えた。
この辺りのエイドでは名物「坊っちゃん団子」が振舞われていたが、
昨年に引き続いて今年も通過、もう食べようという気になれなかった。
もうよく知っている道だからと思ったが、スピードが出てないのがわかった。

サブ4は厳しくても自己ベスト狙っていかないと!

と自分の中に気合いを入れたが、走りには思うようにつながらない。
そしてこの辺りで体、
お腹の調子がいまいち、
走りながら原因を考えていたが、
中盤にかけてスポーツドリンクや水を取りすぎて
お腹が冷えたのではないかなという結論になった。
このままトイレに行かずに突っ走ることも考えたが、
スピードの落ち具合やこの先のことを考えると
どうも1回は行っておいた方が後々良さそうと思い、
残り3kmを切った姫原のフジにある仮設トイレに駆け込み2回目のトイレ。
思ったほどお腹の調子が悪くなかったのでホッとした。
さて、体調も少しは復活したことだし、

ここからスピードを上げる。

40km地点を通過、山越から本町に入るところ、
2車線の道から片側3車線の広い道に入ると、

何だか「帰ってきた」という気分になれた。

周りのランナー、歩いている人やゆっくり走っている人も多かったが、
時折ここでもラストスパートをかけているのか、
すごい速さで抜かれることがあった。
昔よく買い物に行ったフジ本町店や、
学生時代、

朝帰り(!)の前によく行っていた牛丼店の前を通過、

新しい店や建物も出来ているが、
そんなに変わっていないこの196号線沿い本町界隈、
かつてはここを走るなんて思わなかった。
あと1kmの看板は、学生時代に一番通ったデイリーストアのところにあった。
昨年はここからラストスパートをかけようとしたものの、
結局平凡な走りになってしまいタイムも平凡だったが、
今年はそんな昨年の悔しさを晴らそうと、少しではあるがスピードを上げることが出来た。
本町三丁目交差点を通過、
この辺りでオールスポーツの撮影があったような気もするが、

もう余裕が無かった。ひたすらゴールを目指すだけ。

堀端の区間、試走の時は時折自転車が走っていただけだったが、
今日は沿道にずらりと人がいた。
あと500とかあと300とかの声援に励まされながらゴールを目指す。
前の信号だけを見ていた。
あと2つ、あと1つ、最後の信号までの距離が思いのほかあった。
信号を左折、ゴールはもうすぐだ。
自己ベストは達成ならなかったが、

自分の走りにしてはまずまずの記録、

ラストスパートの走りで最後は両手を挙げてゴール!
やっと走りきれたという気分だった。
ゴール後、バスタオルをかけてもらい、前の人に付いていくように歩いていった。
ドリンクをいただき、おにぎり・パンを受け取る。
預けていた荷物を受け取り、一旦市民会館に戻った後、
再び会場に行きいもたきをいただいて帰途についた。
自己新記録はまたもお預けとなった。
中盤までは自分でも評価できる内容だっただけに悔しさも残るが、
次の大会(いつになるんだ?)でも記録を狙っていきたいと思う。

※いつもながら掲載が遅くなりましたが、ご覧いただきありがとうございました。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2011-02-23 00:24 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/15960354
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 梅のある風景(その3) 愛媛マラソン レポート(その6) >>