加古川マラソン大会 レポート(その4)

大堰まで走りきって一区切りついた形にはなるのだが、
ここからのラスト7km余りが長いというのはよく聞く声だ。
河川敷への坂を下り、最後の直線を走る。
向かい風はあったが、2年前を思えば大したことはない。
太陽が眩しいのだが、風が吹く河川敷を何も考えずに走っていた。

ただゴールを目指す。それだけだ。

走りながら目標となる人をどんどん変えていく。
37kmのエイドを通過、ここら辺りでだろうか、
「4時間台1桁はもうギリギリ!」と話し合っているランナーの声、

サブ4は無理でも4時間10分までにはゴールしたい、

気持ちがそう傾いていた自分に気合いが入り、ペースが自然と上がった。
ちょうどそう話されていた人もペースが同じくらいだったため、頑張って付いて行く。
時々見失いそうにもなるが、しばらくして再び発見、

なかなか速いじゃない。

40km手前のエイドを通過、
40kmを過ぎてから1kmごとの表示に加えて、
少し小さいながらも100mごとに表示があるが、敢えて見ないようにした。
この100mさえも長く感じてしまう。
それにしてもなかなかゴールゲートが見えてこない。
あと橋をいくつ越えればいいのだろうか?
毎年そう感じながら走っている。

3度目になってもまだこの距離間隔が掴めていない。

あと1km、それまで静かだった河川敷が沿道の声援などで賑やかになる。
小学生とハイタッチをして元気をもらう。
4時間台1桁はギリギリと言っていたランナーさんは少し前で抜いた。
もう時間を気にしていることすら出来なかった。
そしてようやくゴールゲートが見えていた。
オールスポーツの撮影ポイントもあったが、笑顔を見せる元気もなかった。
緑のコーンが見えてきてラストスパートといきたいところだが、
これ以上ペースは上がらなかった。
ゴールの時刻表示は4時間13分、
最初に出た時よりは速いタイムだが昨年に比べると後退した。

4時間台1桁は達成出来なかったが最後まで走りきれた。

そのまま走りきってゴール。やっと戦いが終わった。
ゴール地点付近
c0034228_23483936.jpg

ゴールして完走賞のタオルを肩からかけてもらい、
ドリンクをいただき、完走証を受け取りに行く。
記録は4時間13分15秒、恒例のぜんざいをいただき、荷物を受け取り防災センターへ。
知り合い全員完走後に会場を後にした。
記録は自己記録更新とはいかなかったが、
最後まで走りきるなど次につながる走りが出来たので良かった。
途中もう少しペースアップ出来るかが次の課題になると思う。
次に向け、再び走り込んでいきたい。
(おまけ)
帰りに寄った餃子の王将
お腹が空いていたので、美味しくいただきました。
c0034228_23493298.jpg

※大変遅れ馳せながらの長文をご覧いただき、ありがとうございました。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2011-02-01 23:05 | マラソン | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/15854820
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ストレートマン at 2011-02-01 23:50 x
ご無沙汰しております。加古川に来られてたんですね!
って私の家からは少し離れてますが。。。
サブ4達成,見守ってますよ。頑張ってくださいね!
Commented by fujitaka_1 at 2011-02-04 00:02
ストレートマンさん、書き込みありがとうございます。
そしてこちらこそご無沙汰しています。
加古川は3度目の参加です。
兵庫県内は、加古川をはじめとして、
佐用(ハーフ)、先日の赤穂など何度か行ってます。
サブ4までの道のりは思った以上に遠いですが、
いつかは達成したいと思っています。


<< 新しい店が出来つつあります 加古川マラソン大会 レポート(... >>