丹後ウルトラマラソン レポート(その9)

80km~90km
国道178号線、昼時~夕方とあって交通量が増えてきていた。
海岸沿いの景色のきれいな道をひた走る。
先に経験した碇高原ほどではないが、小さなアップダウンがある。
この辺りになるとエイドの前後は歩いていた。
ちょっと歩いて、心の中で

「よっしゃ行くか~!」と思い、走り出す。

この繰り返し、時々声に出ていた時もあったっけ。
最終ゴールから時間を逆算しても何とか間に合いそうな感じ。
それでも後半どのような展開になるか予想がつかなかったので、
出来るだけ後に余裕を残しておきたくて頑張って走っていた。
途中1人幅のトンネルを走る。
100kmの長旅だとほんといろんなところを走るんだなあと実感。
トンネルを抜けると、右前方に丹後庁舎らしき建物が見えてきた。
弥栄庁舎の時は別の建物と間違いそうになったが、

「今度は間違いないだろう。」

いつからか60kmの部のランナーさんとも合流していた。
周りに人家が少ないところでも応援の人が声援を送ってくれていた。
何人かとハイタッチをした。
87.2km地点の丹後庁舎到着。
16時15分くらい、最後の関門を何とか通過した。
後半ペースがさほど落ちてなかったのが関門通過につながった。
ここでは魚のつみれ汁が特に美味しかった。

もう地道にゴールを目指すのみだ。

カニで有名な間人(たいざ)の街並みを通過、
昔ながらの街並みが残っている。そして時々上りがある。
16時40分くらいで90kmのポイントを通過、ついに残り10kmとなった。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2010-10-04 23:57 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/15236050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< おらが村 心臓やぶりフルマラソ... 丹後ウルトラマラソン レポート... >>