丹後ウルトラマラソン レポート(その5)

40km~50km
七竜峠を上りきっての下り坂、スピードを上げる。
しかしながら下りも距離が長くなるときつい。
オールスポーツの撮影ポイントに差し掛かる。
眼鏡にかぶせるようにかけていたサングラスを外し、ポーズを取る。
前後で歩いていようとも

撮影ポイントではしっかり走らないと!

という気持ちはいつも持っている。
下り坂の途中で私設エイド、今年で最後とあった。
しそのジュースと塩をいただく。
塩が思った以上にたくさんの量で、口の中にしょっぱさを残しながら走る。
十分な塩分補給にはなったと思う。
坂を下りきったところが44.6km地点、浅茂川漁港のエイド、
ここでマッサージをしてもらえるとのことだったが、どうやら一杯の様子で、
どうしてもというほどでもなかったので、先に行くことにする。
念願(!)のコーラがあったので、

「ついにコーラが飲める!」

との思いでごくごく飲む。
ちなみに

「ウルトラマラソン=コーラ」と連想するのは、

私だけではないはずだ。


あとはこのエイド名物のうどんをいただき、先へ進む。

海岸沿いの平坦な道だが、ペースはだいぶん落ちてきた。
ゆっくりでも走り続けることが大切と思い、一歩一歩着実に行く。
海岸沿いの道を走り、街中の住宅地や畑近くを走った後、県道に出る。
50km手前のエイドに書かれてあった
「次のエイドまで○○km、いつの間にか半分?」という表示を見つけ、
もうすぐ半分来るんだと改めて実感する。
この辺り片側1車線の道ながら歩道のないところもあり、車に注意しながら走る。
「もうすぐだ、もうすぐだ。」と自分に言い聞かせながら走っていると50km通過、
ふと時計を見ると11時くらい。
後半ペースが落ちることを考えると完走が厳しくなってきた。
自分の心の中で、

「時間制限の緩いウルトラを甘く見ていた。

今回は最後まで走れないかも?」


と少々諦めモードが入りだしたのもこの頃だ。
途中ポイント(弥栄庁舎・碇高原)行きの袋、荷物を預けられる。
c0034228_22352879.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2010-09-28 22:20 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/15201496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 彼岸花 丹後ウルトラマラソン レポート... >>