汗見川清流マラソン大会 レポート(その2)

しばらく他のネタを書いている間に、またレポートをサボってました…。

汗見川清流マラソン大会 レポート(その1)(2010年7月28日投稿)

受付・スタート・ゴール地点の吉野クライミングセンター
c0034228_23362866.jpg

前列からスタートしたが、当然のことながら

スタートと同時にどんどん抜かれる。

スタートしてすぐに左折し、汗見川に沿うように県道を走る。
しばらくは平坦な道だが、夏のマラソンなのに皆思いのほかペースが速い!
いや、自分のペースがだいぶんゆっくりなのだろうとすぐに気づく。
とにかく気がついた時には、遥か先のカーブをランナーが集団で走っていた。
周りにのまれることなく今日はマイペースで行こうと決めており、
ペースを保ちながら走る、
と言っても

そんなに抑えてという感じの走りではなかったと思う。

暑さは2年前と比べてどうだろう?
1回走っているからか、少しはましな気もするが、

日差しはきつくカンカン照りだ。

最初のうちは日陰が少ないんだったっけ?
日陰を待ち望みながら1km地点通過、
ここを過ぎて早速少し上り坂があるが、まだ序盤戦、
ぐいぐいと、まではいかないが、スピードを落とすことなく上る。
2km地点付近、待望の日陰登場、ランナーは一斉に日陰の下を走る。
こうしている間も後からどんどん抜かれる。
スタッフに加えて、付近の住民の方が応援してくれる。
暑い中応援も大変だと思うが、声援いただくと元気が出る。

大会プログラム
c0034228_2338077.jpg

3km地点、

これまた待望の給水所だ。

水をいただいて走り出す。
暑い中を走るだけに水分補給は欠かせない。
最初は片側1車線の道幅だったコースが時折狭くなっていた。
コースは大体頭に入っていたつもりだったが、

だいぶん忘れているのかな?

5km地点手前、後からアナウンスが聞こえる。
10kmコースのトップランナーが通過するようだ。
折り返し付近でものすごい速さで駆けて行くランナーに抜かれた。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2010-08-03 23:19 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/14890112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 初の二部練 気ままにランニング(四国中央市... >>