とくしまマラソン レポート(その2)

大会プログラム
(表紙のランナーは泡るんさんです!)
c0034228_22434013.jpg

スタートしてしばらくは周りに合わせるように走る。
道がそんなに広くないうえに、集団の中なので、
さすがに自分の思うようには走れないのだが、
まだまだ先は長いので、ここはゆっくり走る。
しばらくして国道11号線に出る。

「お~、こんな広い道を走れるのか。」

と少し感動、
片側3車線のうち2車線が走路になっていた。
吉野川大橋を渡って左折し、吉野川沿いに走る。
少し風があるようだが、走りに支障があるほどではない。
2.8km地点の最初の関門、16分30秒くらいで通過、

最初の混雑などを考えるとこんなもんだろう。

臨時駐車場に行く時に見た3kmの看板を通過、
給水所まであと1.1kmの案内も出ていた。
しばらく走り、一旦道路から河川敷に下りるように下ると最初の給水所があった。
最初の給水所は混雑するので取るかどうか迷ったが、
これから気温も上がりそうなので水を取って飲む。
大人数に配慮して給水所も何箇所にも分かれて設置されていた。
坂を上り再び道路に出る。
右側には声援を送る人達が並んでいる。
時折楽器を演奏したり、
踊りを踊りながらのパフォーマンスもあったりして、盛り上がっている。
1月の愛媛マラソンも沿道の声援はかなりのものがあったが、

それ以上にすごいものがある。

徳島のランナー、それを盛り上げる人達の

意気込みのすごさを感じた。

コースはいたって平坦、
ただ橋をくぐる時には若干のアップダウンがあるようだ。
橋の表示は青地に白地ではっきりとわかるようになされていた。
橋を渡ろうとするJRの列車からも手を振っての声援があった。
8km過ぎ、2度目の給水所、今度はスポーツドリンクをいただく。
9km付近、徳島に行った際によく寄るラーメンの店、
王王軒の近くに架かる名田橋を通過、
10km過ぎ、ゲストランナーの市橋有里選手とハイタッチをする。
徳島市から藍住町に入り、
だんだんとのどかな景色が広がるようになる。
前を走るランナーにいい感じのペースを刻んでいる人がいたので、

その人を目標に黙々と走る。

12km、3度目の給水所、
スポーツドリンクに加えて塩分補給に塩を取る。
ここでトイレに行っておこうかと思ったが、
トイレは河川敷に下りていかなければならず、
時間のロスになると思ったので、もう一つ先で行くことにした。
さすがにこの辺りではもう自分のペースである。
川沿いには菜の花が広がっている。
そしていつも走っている河川敷とは比較ならないくらい川幅があり、
ゆったりと水が流れている。
川の反対側を見てみる。
さすがにまだランナーはいないが、エイドらしきテントを見つけた。

「帰りはあそこを走って帰るんだ。」

まだ先が長いことを思う。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2010-05-02 17:38 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/14294196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< とくしまマラソン レポート(その3) とくしまマラソン レポート(その1) >>