とくしまマラソン レポート(その1)

(前日まで)
四国最大のフルマラソン大会であるとくしまマラソン、
前年度は要項を取り寄せたものの、
要項が届く前に参加申込を締め切るという状態。
今年は一層早く取り寄せないと、と思っていたが、
すっかり忘れていて、
少し前に登録したランネットから慌てて申し込むことに。
12月1日の募集開始からわずか2日で締め切るという
前年度以上にすごい人気に圧倒されたのが昨年の話。

今年に入って愛媛マラソンでは雨の中、最後の追い込みがきかず、
海部川風流マラソンでは自己ベストを出すことができ、

サブ4が目前まで来ていた。

慌しい日々のなかではあったが、
自分なりに走れていると思い、

そろそろサブ4が出るかな?

という期待はあった。

しかし、今年は4月に入って気温の変化が激しい日々が続いた。
暖かくなったかと思えば、急に冬に逆戻りしたような日があったりして、
体調を崩しかねないと思っていたが、
大会直前の大事な時期になって、
今まで何とか持ちこたえていた体に不調が表れた。
何か風邪のひき始めの状態。
薬を飲んで安静にしていた。

これはサブ4は厳しいかも、

でも「祭り」とまで言われる賑わいのある大会を堪能したいと
ずっと思っていたため、
ファンランに切り替えてでも走ろうと思い、前夜早めに就寝した。

(当日)
朝5時前に起床、5時過ぎに自宅を出発、
朝から力つけようと海部川の時と同様に牛丼を食べた後、
高速を走り、7時過ぎに吉野川橋下の臨時駐車場に到着した。
吉野川橋(臨時駐車場から)
c0034228_22335574.jpg

受付会場に向けてシャトルバスが続々と運行されており、気分も高揚する。
シャトルバスに乗って受付会場へ
c0034228_22342082.jpg

10分くらいで徳島市立体育館に到着。
受付会場にて
c0034228_22345154.jpg

受付を済ませ、ゼッケン取り付けなどの諸準備を済ませる。
今日は暑くなりそうなので、半袖で走るようにする。
そして天気も良いので日焼け止めも入念に塗っておくことに。
トイレも済ませ、荷物預かり・スタート地点付近まで歩いていく。
四国最大とあって、参加者数も多い。
受付会場ではさほど多いなとは思わなかったが、

スタート地点に向かう人の波がだんだん大きくなる。

徳島の地理はあまり詳しくないが、徳島駅のすぐそばのようだ。
ゼッケン別に指定されたトラックに荷物を預け、スタート地点に向かう。
トラックに荷物を預ける
c0034228_22354884.jpg

スタート前にブロガーさんにお会いできるかなと思っていたが、
この人・人・人の状態ではどうやらお会いできそうになさそうだ。
スタートはゼッケン別に並ぶようになっていた。
鷲の門をくぐり、プラカードの後ろに並ぶ。
しばらく待っているとオープニングセレモニーがあり、
大会長挨拶やゲストランナーの紹介などがあった。
体調は自分で感じるに、思ったほど不調ではなさそうだ。
今回は無事に完走出来るか、
そしてタイムはどのくらいになりそうかを考えながらいると、
午前9時、スタートの号砲が鳴った。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2010-05-02 17:37 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/14294190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< とくしまマラソン レポート(その2) 向学の道マラソン大会 レポート... >>