向学の道マラソン大会 レポート(その2)

大会プログラム
c0034228_22222182.jpg

スタートしてランナーが一斉に駆け出す。最初少し坂を上って橋を渡り下る。
橋の前後のよくあるアップダウンだ。
スタート直後のこの地点で、
テレビ高知健康マラソンでもお会いしたタボさんにお会いする。
お互い「来週のとくしまの練習」ということだったが、
タボさんはスピードを上げて遥か向こうに走って行った。
(速かったですよ~)
直線の平坦な道を走って右折したところに1kmの看板が、
そんなに抜かれてもいないし、

良いペースで来ていると感じた。

ここから再び橋を渡り、山間に入っていく道を走る。
2km、3km、見た感じそんなに急な坂ではないのだが、

どうもスピードが上がらない。

そして徐々に多くのランナーに抜かれていくようになった。
序盤そんなにスピードを上げた感じではなかったのだが、

早速足にきたのかと不安になる。

コースは山間の道を走るのどかなもの、久々の山岳マラソンの類である。
川を挟んで反対車線から大会関係車の応援のアナウンスが聞こえた。
何とか坂が一区切り付いたと思われるところで、
最初の給水所、水・スポーツドリンクが置いてあった。
スポーツドリンクをいただく。冷えたドリンクが美味しい。
給水所から先しばらくは今まで続いたような坂は無く、
橋を渡り、今まで走ってきた道の反対側の道を下る。
この辺りで5km地点、この坂が思っていたよりも長い下り坂で、

今まで走ってきた道が

いかに上り坂だったかがわかった。


1km以上下り坂が続き、再び上り坂に入る。
大会コース図
c0034228_22232283.jpg

上りに入った当たりで7km地点、
しかし、最初の坂で足が坂道に慣れていたというのもあるし、
上りと下りが交互にあるような感じで、
そんなに息があがるわけでもなく、勢いつけて走ることが出来た。
途中折り返してくるランナー、

「あれ、今回のコースって

折り返しなんてあったっけ?」


と思ったが、
後でコース図を見ると少しの区間すれ違う区間があった。
途中の分岐を右折し、中岡慎太郎館へ向けて走る。
右折してからが結構な上り坂だったが、
勢いで周りのランナーを抜きながら走る。
坂の先に高規格道路が見えた。
あそこが坂の頂上でそこから下るはずと思い、目標を定めて坂を上った。
なかなかの勾配だったはずだが、距離が短いこともあって不思議と上れた。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2010-05-02 17:34 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/14294171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 向学の道マラソン大会 レポート... 向学の道マラソン大会 レポート... >>