テレビ高知健康マラソン レポート(その2)

スタートして場内をほぼ1周した後、競技場を出る。
参加賞受け渡し場所の前を通り、長い坂を下る。
下り坂であるため、周りのランナーはかなりペースを上げていた。

周りに付いていくように走る。

坂の途中で1kmの表示があった。
距離の短い大会で1kmごとの表示があるのは珍しいパターンである。
坂を下りきったところにある信号は青ではなかったと思うが、
誘導で前へ進めるようになっていた。
この辺りではまだ左車線いっぱいにランナーが広がっている感じだ。
少し走ると道幅が狭くなっているところがあり、
より一層混雑する感じになった。
前の方に「NAGASHIMA 3」と書かれたシャツを着た人、
「あの人は、去年のひだか茂平マラソンでも見たよなあ」。
そう言えば、あの時もペースランナーとして付いていった記憶がある。

「今回も付いて行こう」

と、しばらく後を走っていた。
畑の間の道をひた走る。
途中住宅地も通るが、のどかな風景が広がる。
もうすぐ海が見える頃かなと思っていると、道を右折、
海はしばらくお預けである。
ここでペースランナーとしていた「3」のシャツを着た人を抜いていく。
前には龍馬の格好をした人が走っていた。
だいぶん暑そうだ。
暑いと言えば、今日は気温も高い。
長袖のシャツを着ていたが、

半袖でも良かったくらいだ。

先に見える標識から判断するに、
この先突き当たりの道、左右に分かれるようだ。
そろそろ待望の海が見えそうだ。

突き当たりを左折、右手には太平洋が見えた。

海沿いの道を走るのは気持ちいい。

普段の練習でも何度も海沿いを走っているが、
瀬戸内海と太平洋では、景色が違う。
太平洋の方がやはり雄大さを感じる。
コースは直線コースだが、
交通規制を敷いておらず、基本歩道を走るようになるため、
ランナーが連なって走らなければならない。
記録を狙う大会ならいただけないかもしれないが、
今日は健康マラソンだからとあまり気にせずに走る。
海沿いの道が終わるところで第1給水所、水をいただく。

左折して緩やかな上り坂を走る。
あまりスピードを上げなければさほどは気にならない坂だ。
坂の途中くらいで「あと半分」の表示があったと思う。
坂を上ると下り、スピードを上げて走る。右手に産業団地が見えた。
そして再び緩やかな上り坂、

アップダウンが繰り返される。

トンネルが見えてきた。この辺りで「あと4km」の表示、
この大会、

距離が短い割には、距離表示がまめにある。

今日のランニング:国領川河川敷等 9.4km

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2010-03-22 00:49 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/13998340
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< テレビ高知健康マラソン レポー... ここまでのランニング記録 >>