海部川風流マラソン レポート(その6)

折り返し後すぐのエイドでスポーツドリンクに加えて、塩・みかんを補給。
パンにも一瞬目がいったが、
サブ4がどうかという時になかなかゆっくりも出来ないため、
次以降で取ることにした。
今思えば、

この辺りでエネルギーになる食べ物を

しっかり取っておくべきだった。


帰りは下り基調と言っても小刻みにアップダウンがあるため、
上っている区間も意外に多く、足の心配をしながら走る。
地元のランナーとすれ違う時に手を挙げて励まし合う。
思えば初ハーフの小豆島オリーブマラソンの時、
ゴール後に隣で弁当を食べた時からの知り合いである。
そこから数多くの大会を一緒に走っている。
知っている人がいると、全く知らない人の中で走るよりかは、
何かと勇気付けられることもある。元気も出る。
27.9km地点の第8エイドを通過、
折り返しからここまで結構長く感じた。
スタート時と比べだいぶん気温も上がっており、
最初長袖で走っていたのが腕まくりをしてほぼ半袖に近い状態、
グローブもだいぶん前から外していた。
自然と水分補給する量も多くなる。
行きも走ったトンネルの手前の第9エイド付近で、

ついに4時間ペースランナーに追いつかれた。

しかし、10km手前で追い抜いた時はあんなに大集団だったのに、
今は付いて走っている人は数人である。
だいぶんバラけてきた。
「ついに来たか…」という感じになるが、

「とにかく付いていけるだけ付いていこう!」

と心に決め、
頑張って付いて行くことにした。
上り坂もあったが、上り坂ではペースランナーも速度を落としている。
そして下り坂では結構スピードを出しているようだった。
トンネルを過ぎてしばらく走り、30km地点を通過、
ペースランナーと少しずつ離れていっている自分がいた。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2010-03-02 23:39 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/13858041
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 海部川風流マラソン レポート(... 海部川風流マラソン レポート(... >>