海部川風流マラソン レポート(その5)

参加賞の入ったバッグ
c0034228_2391844.jpg

国道に戻ってトンネルを抜ける。
トンネルを抜けると、そこに給水所があった。
ここ第6給水所では、

名物「ういろう」があった。

エイドでゆっくりしている時間がないながらも
「ういろう」はしっかり取って走りながらいただく。
ここでは甘いものだけでなく、塩もいただいた。
長丁場のランには塩分補給も大事である。
さて、ここから20km地点にかけての上りがなかなかきつかった。
周りのランナーも速度を落としていた。
20km地点を通過、係の人がタイムを言っていた。

1時間51分○○秒…、

今回は意識してスピードを上げてきたので、
おそらく今までで一番速いくらいだと思うが、
これからのことを考えるとまだまだ油断は出来ない。
21km、中間点を相次いで通過、
緩やかながらもアップダウンが小刻みにある。
22km地点くらいだろうか、
前半意識してスピードを上げてきたからか、
足が重くなりかけていた。

「いつもならもう少し後に

重くなるはずなのだが…。」


粘り強く走っていた。
すれ違うランナーはおそらく3時間台前半で走りきるランナー、
元気がありそうだ。
「はなちゃん」こと泡るんさんとすれ違い、
「ファイト!」との声援をいただく。

この声援で元気になれた。

「まだまだ走れるうちは頑張らないと!」
自分自身に気合を入れ直した。
もうすぐ24km地点に達しようとする頃、
周りのランナーから
折り返しはカーブを曲がって云々との声が聞こえてきた。
カーブを曲がり、
だいぶん先に昨年参加したランナーさんのブログで見た
写真とおりの折り返し地点があった。
折り返し直前に、
昨年この大会で初のサブ4を達成したきよこさんとすれ違い、
声を掛けた。
お互い懸命に走る中で、手を挙げて気づいてくれた。
そういや第1折り返しでも自分の近くを走られていた。
きよこさんにこれだけ近いということは

サブ4達成も夢ではない?

自分の中に期待が生まれた。
こうして24.3km地点の折り返しを通過した。

今日のランニング:国領川河川敷等 19.4km

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2010-02-28 23:09 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/13841949
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 海部川風流マラソン レポート(... 海部川風流マラソン レポート(... >>