坂出天狗マラソン レポート(その1)

(参考)坂出天狗マラソン(速報)(2010年2月15日投稿)

随分と掲載が遅くなってしまいましたが、
書かずに飛ばし上げるのも少々気が引けるので、
備忘録の意味も込めて書きたいと思います。


(前日まで)
c0034228_2359663.jpg

昨年初参加のこの大会、
15kmという距離は、ハーフより少し短いけど練習にはちょうどいいかなという思いと、
大会のほのぼのとした雰囲気、
そして完走後に食べられる具だくさんの「天狗うどん」に魅かれて、
今年も参加することにした。
自分にとって初のマラソン大会である瀬戸大橋マラソンも坂出市であったため、

「原点に戻る」

という意味合いも実はあったりする。

短距離の部類の大会なので、
スピードを意識するのも多少はあるが、
最大の目標はあくまで「フルマラソンでのサブ4」、
とにかく走行距離を伸ばすために参加するのを第一に置いていた。

(当日)
朝6時過ぎに起床、朝食をとり身支度をして、
7時半少し前に新居浜を出発、
9時前に会場に到着した。
昨年は道中の随所に道案内の表示があったような気がするが、
今年は無かったように思う。
昨年の感覚から道はわかっていたが、初参加の人は大丈夫だったろうか?
会場に着き、駐車場が満車になっているため、
少し離れたところに置くよう指示があった。
スタートまで1時間を切っており、少し焦りながら会場入り。
最近会場入りが遅くなっている。

いかんいかん、もう少し早くしよう。

c0034228_23592911.jpg

受付を済ませ、ゼッケン取り付け等の準備、準備運動・トイレを済ませると、
もうスタート10分前くらいになる。
スタート地点で各地の大会でよくお会いする人と再会し、
今後の予定などを確認し合っていると、
スタートの号砲が鳴ったので慌てて出発する。

スタート後は、公園の周りを1周して、第一折り返し地点を目指して工場群を西へ走る。
前のランナーを抜きながら走る。
15kmとあって勝負がつくのが早いことから、
大して意識せずともスピードが上がっていく。
川沿いを北へ走る。瀬戸大橋の見えるところだ。
ここで足元で何だか音が、

ん?靴紐がほどけているではないか!!!

RCチップを取り付けた時に結んだはずなのだが、
何ということだ!
このまま走ってはまずいと思い、
歩道に寄って靴紐を結び直して、再び走り出す。

思わぬタイムロスである。

フルの大会と違って15kmではこのタイムロスが大きい。
かなりの数のランナーに抜かれた。

「済んでしまったことはもう仕方が無い、

とにかく勢いつけて走ろう!」


そう心に決めて前のランナーを抜きながら走った。
程なくして第1折り返し地点を通過、スタート付近まで来た道を帰る。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2010-02-24 23:24 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/13812611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 坂出天狗マラソン レポート(その2) 海部川風流マラソン(速報) >>